【AI×DMP】ユーザーの「好き」を見極め最適な広告を配信︕ 「OTAKAD」

講談社の膨大なデータとAI解析によって、最適な広告配信を実現する、広告ネットワーク・プラットフォーム「OTAKAD」。精度の高いマッチングはもちろん、詳細な分析レポートを提出できることも大きな魅力のひとつです。ペルソナでターゲティングして配信するため、新たなユーザー層やニーズの発見もでき、PDCAを回しやすいのも特徴です。

最適なユーザーに届いてこそ効果を発揮する広告。その効果を最大化するため、需要が高まっているのが「アドネットワーク」です。 「アドネットワーク」は、さまざまな広告枠を集めたネットワークを作り、配信する仕組みのことですが、さまざまな課題も指摘されています。たとえば、

・どんな媒体に出稿されるかわからない
・ユーザーが視認しているかどうかの判断がつかない
・どんなユーザーが見たのかがわからない

などが挙げられます。これはこれまでのタイアップ記事も同様で、公開後「PV/UU数」はわかっても、「誰が見たか」はわからず、効果測定しづらい面がありました。

「OTAKAD」は、AI×DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)によってこの課題を解決。より精度の高いターゲティングと次へのアクションにつながる分析力を備えた、講談社のプレミアム広告ネットワーク・プラットフォームです。

AI×DMPが実現させる、最適なターゲティングと詳細なレポート

「OTAKAD」を通じて配信されるのは、講談社の11のプレミアムメディアのみ。11のメディアから膨大な閲覧データを収集・解析することで、熱量の高いオタク性を持ったペルソナを作成し、興味・関心に沿った広告を配信します。

さらに配信後は、サイト別、クリエイティブ別、デバイス別などさまざまな角度から検証可能な、詳細な分析レポートを確認できることも大きな特徴です。

これによって、想定ターゲットとの整合性を確認できるほか、新なユーザー層(ペルソナ)や新しいクリエイティブの切り口の発見にもつながります。また、詳細なレポートをもとに、PCDAを回しやすいというメリットもあります。

これから訪れる「クッキーレス時代」にもOTAKADは対応可能です。ぜひ、マーケティングの課題解決のためにご活用ください。

OTAKADに関する詳細は、こちらのダウンロード資料からご確認ください。

サービスのご利用に関するお問い合わせ・ご相談はこちら

サービス案内など各種資料をダウンロードしたい方はこちら