2020.12.04

ユーザーの「好き」を見極め最適な広告を配信! 講談社プレミアム広告ネットワーク・プラットフォーム「OTAKAD」――ダウンロード資料が完成

講談社の膨大なデータとAI解析によって、最適な広告配信を実現する、広告ネットワーク・プラットフォーム「OTAKAD」。今回の資料では、その仕組みや効果についてご紹介しています。ぜひダウンロードして、マーケティング活動にご活用ください。



最適なユーザーに届いてこそ効果を発揮する広告。その効果を最大化するため、需要が高まっているのが「アドネットワーク」です。 「アドネットワーク」は、さまざまな広告枠を集めたネットワークを作り、配信する仕組みのことですが、さまざまな課題も指摘されています。たとえば、

・どんな媒体に出稿されるかわからない
・ユーザーが視認しているかどうかの判断がつかない
・どんなユーザーが見たのかがわからない

などが挙げられます。これはこれまでのタイアップ記事も同様で、公開後「PV/UU数」はわかっても、「誰が見たか」はわからず、効果測定しづらい面がありました。

「OTAKAD」は、AI×DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)によってこの課題を解決。より精度の高いターゲティングと次へのアクションにつながる分析力を備えた、講談社のプレミアム広告ネットワーク・プラットフォームです。

AI×DMPが実現させる、最適なターゲティングと詳細なレポート

「OTAKAD」を通じて配信されるのは、講談社の11のプレミアムメディアのみ。11のメディアから膨大な閲覧データを収集・解析することで、熱量の高いオタク性を持ったペルソナを作成し、興味・関心に沿った広告を配信します。

さらに配信後は、サイト別、クリエイティブ別、デバイス別などさまざまな角度から検証可能な、詳細な分析レポートを確認できることも大きな特徴です。

これによって、想定ターゲットとの整合性を確認できるほか、新なユーザー層(ペルソナ)や新しいクリエイティブの切り口の発見にもつながります。また、詳細なレポートをもとに、PCDAを回しやすいというメリットもあります。

ダウンロード資料では、ターゲティングの仕組みや、独自に用意しているカスタム可能な20のセグメント(ペルソナ)、さらに詳細なレポーティング内容や分析を活用した次のアクションなどを紹介し、従来のアドネットワークにはない優位性を分かりやすくまとめています。ぜひ、マーケティングの課題解決のためにご活用ください。

<資料のおもな内容>
●ユーザーの潜在ニーズを「見える化」し、広告配信の費用対効果を向上!
●最適な読者に広告を届ける、「広告ネットワーク・プラットフォーム」
●ユーザーの感情を解析することで生まれた「新たな知見」!
●<バナー分析>と<ユーザー分析>による詳細なレポート!
●サイト別、クリエイティブ別などでわかる、OTAKADの分析データ
●詳細な分析データから見える「NEXTアクション」
●さらなる進化を遂げる「OTAKAD」
●C-stationがご提供するサービスのメニュー一覧

講談社が提供する各種プロモーションサービスのご利用に関するお問い合わせ・ご相談はこちら