2019.10.10

TVドラマ『モトカレマニア』10月17日(木)よりフジテレビ系列にて放送開始

新木優子×高良健吾
「イタカワMKM(モトカレマニア)」の"ざわざわ"ラブコメディー

《イントロダクション》
フジテレビでは、10月クールの「木10」ドラマとして、新木優子と高良健吾の2人が主演を務める木曜劇場『モトカレマニア』を放送することが決定した。新木と高良は初共演、並びに新木が地上波ドラマで主演を務めるのは今作が初、高良は木曜劇場で主演を務めるのは初となり、まさに初物づくし!元カレを引きずる女子はもちろん、恋愛で誰しもが感じる"あるある"をコミカルに描く"ざわざわ"ラブコメディーをお届けする。
また、新木の『モトカレマニア』専用Amebaブログが期間限定で開設することも決定。なお民放ドラマで主演俳優がドラマ専用アメブロを1人で運用するのは初となる。

『モトカレマニア』は、現在「Kiss」(講談社)で連載中の同名コミック原作。コミックスは3巻まで発刊している。原作者の瀧波ユカリは、"女子あるある"をリアルに描くことに定評がある漫画家で、フリーター女子の日常を描いた『臨死!!江古田ちゃん』でデビュー。同作で四季大賞を2004年冬に獲得し、同賞史上初めて4コマ漫画で大賞を受賞した。

《ストーリー》
見た目が悪いわけではなく、コミュニケーション下手、ということでもないのにうまく恋愛ができない難波ユリカ。その理由は...初めて付き合った彼氏・マコチこと斉藤真との恋愛にあった。
10代、20代の恋は、"恋愛教習所"のようなもので、失敗したり、あがいたり、みっともなかったりと恋愛スキルを磨くはずだった時期。だが、その大切な時期にユリカの最初の恋愛は、あまりにもうまくすんなりと行きすぎた。好きになった人といい雰囲気になり、自然と付き合う。これはいま考えると貴重な経験なのだが、ユリカにはその尊さがわからなかった。自分の就職をきっかけに生まれたすれ違いから、ユリカはマコチを振ってしまう。

すぐに次の彼氏と素敵な恋愛できるでしょ!と思っていたが、次に付き合った男はクズ!2人目に付き合った男はもっとクズ!さすがに3人目のクズを引く勇気はなく、彼氏も好きな人も作らず、現在に至る。「好きってなんだっけ??」、「恋愛ってどうするんだっけ!?」など、頭でグルグル考えるだけの日々は過ぎていき、ユリカが出した答えは、『幸せだった過去の恋の時間に浸っていよう』。最初に付き合った彼氏・マコチ。唯一、恋愛で幸せだった頃の思い出。モトカレの幸せな思い出を、日々の楽しみとして妄想する日々を送るユリカ。モトカレマニアの爆誕である!!

「現実の恋はドラマみたいにキラキラしているわけじゃない」とは頭ではわかっているが、モトカレマニアとして生きることを"幸せ"だと思い込んでいる。だが、ユリカの美しい思い出に浸る時間を破壊する出来事が起きる。それは、ユリカのキラキラした幸せの象徴であるモトカレ・マコチとの再会だった。ユリカが就職した不動産会社の同僚として再び出会うことになるマコチ。モトカレとの再会は運命か!?それとも...


◆放送情報
・フジテレビにて 10月17日(木)より毎週木曜22時~22時54分

◆原作 瀧波ユカリ『モトカレマニア』(講談社「Kiss」連載)
◆脚本 坪田 文
◆プロデュース 草ヶ谷大輔
◆演出 並木道子
◆主題歌 超特急「Revival Love」
◆オープニングテーマ 安田レイ「アシンメトリー」
◆制作著作 フジテレビジョン
◆キャスト 新木優子、高良健吾、浜野謙太、田中みな実、よしこ(ガンバレルーヤ)、森田甘路、関口メンディー(EXILE/GENERATIONS)ほか

『モトカレマニア』公式サイト
『モトカレマニア』公式Twitter
『モトカレマニア』期間限定Amebaブログ

モトカレマニア(3)
著:瀧波 ユカリ