図書館の大魔術師(6)

図書館の大魔術師(6)
著者
  • 泉 光
掲載誌
  • 増AF good!アフタヌーン

ジャンル

内容紹介

民族大戦の休戦から95年。大陸は一つの転機を迎えていた。
各自治区を統治した英雄たちは次々と退き、新たな長が生まれ、
かつてパレナ議定書に誓いを立てた英雄は中央としょかんの長ただ一人となっていた。
そんな中央としょかん二代目総代の候補となったシオと同期のテイ。
彼女は自身が持つ強大なマナのせいで人と距離を置いていたが、
シオが手を差し伸べたことで徐々に心を開いていく。
一方シオへの敵意をむき出しにしたメディナは、ますます孤立を深めていた。


著者紹介

  • 泉 光

登場人物紹介

  • シオ=フミス

    小さな村に住む、本が大好きな少年。司書試験に合格し、司書見習いになったばかり。異民族のため、ときには虐げられることも

  • セドナ=ブルゥ

    本を護る精鋭の司書。大きな町の図書館より、シオの住む町にやってきた

  • ウイラ

    尾を2つ持つフルアという小動物で、シトラルポルという生まれつき強大なマナを許容できる白色個体。実は喋れるようだが…

  • シンシア=ロウ=テイ

    シオの同期の司書見習い。クラスになかなか現れなかった最後のひとり。マナの力が強すぎてシオ以外のほとんどの人が触れることができない

  • アヤ=グンジョー

    司書試験を主席でパスした司書見習い。女性というだけで職業選択が少ないためシオに嫉妬していたが、彼の懸命さを見て心を開く。重度の方向音痴

  • ミドリィ

    シオの同期の司書見習い。背が高い女性。アヤとは幼なじみ

  • オウガ

    クリーク族とヒューロン族の混血。能天気そうに見えるが、誰よりも人を見る観察眼に秀でている。司書見習いでシオの同期

  • メディナ

    シオの同期の司書見習い。見習いの中では、シオ、オウガと同じく落ちこぼれ。しかし、自分の血筋に高いプライドを持ち、教員にも歯向かう

  • ミホナ

    シオの同期の司書見習い。集団を作りたくて、大衆文学の会を結成。シオを勝手に仲間にする

  • ポポポ

    谷の精霊で、渉外室の従者。テイの通訳のような存在

  • コマコ=カウリケ

    中央図書館の総代の老女。「暦の大魔術師」の最後の1人

  • トクシャ=クプル

    図書館十二賢者の第一席に籍を置く

  • サラ=セイ=ソン

    仮面をつけて暮らすカドー族の女性。魔術マニアで、自身も雷のマナをもっている

  • ナチカ=クアパン

    ヒューロン族の女性。自分に絶対的な自信を持っているが、かなり用心深い性格

  • イシュトア=セロス

    シオたちの担任で、司書室に在籍している。個性派揃いのメンバーを相手に、それぞれの資質を見極め教師として最善と思える教育をしている

  • ソフィ

    シオの同期の司書見習いだが、35歳とかなり年上。周囲に隠しているが、その正体は文士四天君の一人で児童文学の鬼才ウォリッチ=イエアッド

作品情報

製品名図書館の大魔術師(6)
著者名
  • 泉 光
発売日2022年06月07日