デキる猫は今日も憂鬱(6)

デキる猫は今日も憂鬱(6)
著者
  • 山田 ヒツジ
掲載誌
  • 月刊少年シリウス
映像化
ジャンル

内容紹介

仕事以外の生活能力が壊滅的な28歳のOL福澤幸来《サク》と、仔猫の頃に凍死寸前のところを彼女に拾われた家事万能(!)の大きめの猫の諭吉(ゆきち)の思いっきり幸せな一人と一匹暮らしを描く日常4コマ&ショートコメディー。月刊少年シリウス、ニコニコ漫画、マガポケ、Palcy、コミックDAYS、pixivコミックで大好評連載中!
諭吉の行きつけのスーパーのバイト店員・仁科さんは、実は独り暮らしのバンドガール。街で仁科さんが過労と寝不足で倒れたところに出くわした幸来は、放っておけず彼女のアパートまで送ったのだが……そこは、諭吉を拾う前の幸来の部屋を思い起こさせる、床の踏み場もない汚部屋だった。こんなところに体調の悪い仁科さんを残していけない! 助けて、諭吉!! 恒例、諭吉の仔猫時代を描く単行本描きおろしエピソードも収録。

著者紹介

  • 山田 ヒツジ山田ヒツジ
    漫画家。愛知県出身。Webでの漫画・イラスト活動後、2008年に「月刊少年シリウス」(講談社)連載の『僕の後ろに魔女がいる』で商業誌デビュー。約7年の活動休止を経て2018年7月、「ニコニコ静画(現ニコニコ漫画)」内の「水曜日のシリウス」にて『デキる猫は今日も憂鬱』連載開始。15年にわたる猫との同居経験を活かしつつ、現在の「また猫と暮らしたい」願望を執筆にぶつける。

登場人物紹介

  • 福澤 幸来(サク)

    仕事以外の生活能力が壊滅的な28歳のOL。職場ではクールに見せているが、それは家で諭吉に日ごろのストレスをぶつけているため

  • 諭吉

    仔猫の頃に凍死寸前のところを幸来に拾われた家事万能の猫。本来だらしない幸来のために尽くす。アイドルグループ・UMYU-Seaのファン

  • 織塚 馨

    幸来の上司で部長。幸来が本来はだらしないタイプだということに薄々気づいている

  • 柴咲 ゆり

    幸来の会社の新人。幸来や尾代とよくお昼を一緒に食べている

  • 尾代

    幸来の会社の同僚。幸来やゆりと、よくお昼をともにする仲

  • 優芽

    部長の姪。諭吉と仲がいい。ファンの間でも有名なほどアイドルグループ・UMYU-Seaが好き

  • ゴマフ

    アイドルグループ・UMYU-Seaの中で諭吉が一番好きなメンバー

  • サクの母

    元バイオリン奏者。早く結婚しないのか急かすので、サクが帰省しづらい原因になっている

  • サクの父

    元棋士。諭吉を熊と勘違いするなど、ちょっと天然なところがある

  • 仁科

    諭吉がよく行くスーパーの店員。クールな性格

作品情報

製品名デキる猫は今日も憂鬱(6)
著者名
  • 山田 ヒツジ
発売日2022年06月09日