テスラノート(4)

テスラノート(4)
著者
  • 三宮 宏太
  • 原作西田 征史
  • 原作久保 忠佳
掲載誌
  • マガジンポケット
映像化
ジャンル

内容紹介

彼らに失敗は許されない。
今世紀最強の超本格スパイアクション!!!
『ミッションT』──、それは世界を破滅から救うための諜報作戦!

「テスラの欠片」を狙う謎の組織「小さな家」のピノとエルモ。彼らの正式名称はスペイン語で「オナカスイタ」。対峙していた牡丹(ルビ=ぼたん)たちは、そのあまりに緊張感のない名称に吹き出してしまう。
だが、笑っていられたのも束の間。「テスラの欠片」の力を使ったオナカスイタの猛威が牡丹たちに襲い掛かる!
激熱の船上バトル、クライマックス!!

著者紹介

  • 三宮 宏太
  • 原作西田 征史
  • 原作久保 忠佳

登場人物紹介

  • 根来 牡丹

    子供の頃から忍者として教育を受け、諜報員に任命された女子高生。クルマとコンビを組み、テスラの欠片の回収をすることに

  • クルマ

    牡丹とコンビを組む諜報員。優秀だがチャラい。何かと牡丹と張り合っていたが、任務を通して互いに信頼関係を築いていく。隆之助と仲が悪い

  • 高松 隆之助

    日本安全振興株式会社の諜報員。ニコラ・テスラのプロフィールを細かく知っているなど、博識。クルマと仲が悪い

  • 氷見 恭平

    日本安全振興株式会社の諜報員。牡丹たちのチームのリーダー的存在。ミッションTを遂行するため、牡丹を諜報員へ引き入れる。元々は天才エンジニア

  • 鳥海

    日本安全振興株式会社の部長。テスラの欠片の回収について恭平たちを取り仕切っている。爺ちゃんには頭が上がらない

  • ミッキー・ミラー

    CIAに所属し、牡丹たちと同様テスラから依頼され、「小さな家」に奪われる前に欠片の回収をしている。牡丹のことが気に入っている

  • オリバー・ソーントン

    テスラの欠片を探しているCIAの者。ミッキーの相棒だが、彼がよく言うたとえ話をまったく理解していなかった

  • ピノ

    「小さな家(オナカスイタ)」所属。牡丹たちが乗船しているCIAの医療艦へ潜入。テスラの欠片の力を使い、牡丹の感情をコントロールし、彼女の持つ欠片を奪おうとする

  • エルモ

    「小さな家」所属。ピノとともにCIAの医療艦へ潜入。隆之助、恭平、ミッキー、オリバーを襲うよう乗員をマインドコントロールする

  • 根来 甚吾

    牡丹の祖父。根来忍者の末裔で日本安全振興株式会社の名誉会長。牡丹を最高の諜報員にするため育て上げた。テスラの欠片について知っている

  • ニコラ・テスラ

    科学者。自分の発明の数々を水晶の欠片に閉じ込めた。牡丹たちは、それらの欠片の回収=ミッションTを遂行中

  • リリー・スタイネム

    ミッキーとオリバーが恐れる二人の上司。元空手の世界チャンピオン。「小さな家」の持つテスラの欠片の力で操られてしまうが、牡丹やミッキーらにより救出される

作品情報

製品名テスラノート(4)
著者名
  • 三宮 宏太
  • 原作西田 征史
  • 原作久保 忠佳
発売日2021年10月15日
初出『週刊少年マガジン』2021年第30号~第32号、『マガジンポケット』2021年第36・第37合併号~第41号