龍狼伝 王霸立国編(7)

龍狼伝 王霸立国編(7)
著者
  • 山原 義人
掲載誌
  • 月刊少年マガジン

ジャンル

内容紹介

皇軍内から竜娘娘(真澄)を救出し、船で脱出した劉備軍・関平だが、竜娘娘への復讐に燃える猛将・馬超の船団に捕らえられてしまう。一方、真澄と関平を逃がすため、邪仙・大幻(ダーファン)に一人立ち向かった『竜騎兵』焦先。大幻の圧倒的な力に追い詰められるも駆けつけた志狼達に救われる。焦先に代わり、大幻に挑む志狼。完成した“実の拳”で打ち破れるか!?

著者紹介

  • 山原 義人1963年6月24日生まれ。沖縄県那覇市出身。手塚治虫に憧れ、漫画家を志す。大学卒業後に上京し、漫画修業を開始。1992年、第6回月マガチャレンジ大賞にて入選受賞。1993年、「月刊少年マガジン」8月号にてデビュー作『龍狼伝』の連載を開始、第21回講談社漫画賞受賞。2007年4月号より『龍狼伝 中原繚乱編』、2016年8月号より『龍狼伝 王霸立国編』として、現在に至る。

登場人物紹介

  • 天地 志狼

    『天運』の相の持ち主。幼馴染の真澄とともに三国志の世界にタイムスリップした。「竜の子」と呼ばれ、仙道を学び「雲体風身」や「闘仙術」を習得する

  • 泉 真澄

    『天運』の相の持ち主。修学旅行中、志狼とともに三国志の世界にタイムスリップし、“竜娘娘”として民衆から崇められる

  • 劉備

    字は玄徳。前漢の中山靖王・劉勝の末裔で、漢王朝の再興のために戦う。現在は帝より、徐州の牧司を任命される

  • 諸葛亮

    字は孔明。臥竜と呼ばれ、劉備の“三顧の礼”に応えて軍師となる。劉備に「天下三分の計」を授けるなど、数々の知略で劉備軍を救う

  • 馬騰

    字は寿成。西涼の太守にして、息子の馬超とともに献帝に仕える。知勇に優れ、献帝からの信も厚い。劉備とは知己の間柄

  • 馬超

    字は孟起。父・馬騰とともに献帝に仕える。槍術と馬術に優れ、許都では志狼を逃がすため、再戦の約束と共に愛馬を託す。その後、怨霊に取り込まれ、真澄を殺そうと躍起になるが…

  • 大幻

    世に破壊と混沌をもたらす邪仙。そもそも闘仏術を開祖した彼の兄が邪仙に堕ちたことで自身もその道へ。真澄を殺そうと企むが、志狼がその前に立ちふさがる

  • 関平

    劉備軍のひとりで義父が関羽。馬超に捕らえられてしまった真澄を救出しようとする

作品情報

製品名龍狼伝 王霸立国編(7)
著者名
  • 山原 義人
発売日2021年09月17日
初出『月刊少年マガジン』2020年10月号、11月号、2021年4月号~7月号