天国大魔境(6)

天国大魔境(6)
著者
  • 石黒 正数
掲載誌
  • アフタヌーン

内容紹介

廃墟と化した未来の日本。マルとキルコは、どこにあるともわからない「天国」を目指して旅を続けていた。二人は、「天国」を見つける鍵だと思われる「キル光線のマーク」を追い茨城にある「高原学園」の施設を訪れる。そこにある「復興省」を訪れたキルコは捜し求めた人物との再会を果たす! 一方、「天国」の「高原学園」では妊娠のために隔離されていたトキオが無事に出産を果たす。脳移植を目論む園長の野望は果たして……? 厳しい世界を、悩みながらも軽やかに生き抜く、少年少女サヴァイブ群像劇!

著者紹介

  • 石黒 正数1977年生まれ、福井県出身。
    2000年、『ヒーロー』でアフタヌーン四季賞秋の四季賞を受賞しデビュー。
    2005年から『それでも町は廻っている』の連載開始、2010年にテレビアニメ化、2013年に第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞。『木曜日のフルット』『外天楼』『ネムルバカ』など、幅広いジャンルを手掛ける。『天国大魔境』が「このマンガがすごい! 2019」オトコ編第1位にランクインした。

作品情報

製品名天国大魔境(6)
著者名
  • 石黒 正数
発売日2021年07月21日
初出『アフタヌーン』2021年2月号~7月号