四ノ宮小唄はまだ死ねない ーBORDER OF THE DEAD-(3)

四ノ宮小唄はまだ死ねない ーBORDER OF THE DEAD-(3)
著者
  • りいちゅ
  • 大槻 涼樹
  • 協力モンスターラウンジ
掲載誌
  • モーニング・ツー

内容紹介

主観では生きていながら医学上は死体である"生"同一性障害(ボーダー)。自らもボーダーで安寧な死を望む"死ねない"コータと、父の復讐のためボーダーを"殺したい"エルが、ボーダー麻薬に端を発した事件の果てにたどりつく"命"の選択は――!? "生"同一性障害を巡る生死バディ探偵譚、フィナーレ!!

著者紹介

  • りいちゅイラストレーター・漫画家。 多数のライトノベル作品で挿絵を手掛け、レッドブルジャパンやヤマト運輸とのコラボも。海外でのライブドローイング等も精力的に行っており、グローバルに活躍している。 本作で初の商業漫画連載。
  • 大槻 涼樹ゲームシナリオライター・小説家。PCゲーム『黒の断章』『終末の過ごし方』『蠅声の王』ほか。著作に小説版『沙耶の唄』など。
  • 協力モンスターラウンジ

作品情報

製品名四ノ宮小唄はまだ死ねない ーBORDER OF THE DEAD-(3)
著者名
  • りいちゅ
  • 大槻 涼樹
  • 協力モンスターラウンジ
発売日2021年07月20日
初出モーニング増刊『月刊モーニングtwo』2020年10月号、12月号、2021年1月号、4月号、6月号、7月号