小説 劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち

小説 劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち
著者
  • 松田 朱夏
  • 原作鈴木 央
  • その他池田 臨太郎
掲載誌
  • 週刊 少年マガジン

内容紹介

3700万部突破の大ヒットマンガ『七つの大罪』が、再び劇場版アニメに!

いまだ人と人ならざる者の世界が分かたれてはいなかった、古の時代を舞台に、七人の大罪人により結成された、王国史上最凶最悪の騎士団〈七つの大罪〉が世界の危機に立ち向かっていく姿を描く、ヒロイックファンタジー。待望の劇場版第2作品目となる本作も、原作者・鈴木央描き下ろしの完全新作オリジナルストーリー! 世の混沌を望む者により崩されていく日常。全種族を脅かす恐るべき陰謀が交錯する。光と闇の戦いの果てに待ち受ける未来は?! 呪われた世界は真の平和を手にすることができるのか。壊れゆく世界の運命は〈七つの大罪〉に託された――。

最凶の大罪人たちが再び、巨大なスクリーンで大暴れする“最終章”のその先とは――。
ド派手なアクションと仲間たちの熱い絆と共に壮大なスケールで描かれる劇場版『七つの大罪 光に呪われし者たち』を完全ノベライズ! この夏、活字でも熱くなれ!

初回限定特典として、原作者・鈴木央先生描き下ろしイラストによるオリジナル・ポストカードを封入!

【「七つの大罪」原作者・鈴木央 コメント】
この映画、大罪本編ではあえて描かなかった要素がたっぷり詰まってます!! キングとディアンヌの〇〇〇とかメリオダスとゼルドリスの新たな関係性、名前しか出ていなかった〇〇〇と〇〇〇の登場、ラストバトルの〇〇〇戦、見なきゃ損ですよ!!

著者紹介

  • 松田 朱夏1968年生まれ。1995年にゲームのノベライズでデビュー。ライトノベル・漫画原作などを経て、現在は児童書を中心に執筆。主な著作は『ミラクル☆コミック』シリーズ(岩崎書店フォア文庫)、「鬼滅の刃ノベライズ」(集英社みらい文庫)、「千紘くんは、あたし中毒(ホリック)。」(講談社青い鳥文庫)、『小説 映画 亜人』『小説 映画 溺れるナイフ』(ともに講談社)など。『七つの大罪』のノベライズは、外伝シリーズなど4冊を刊行している。
  • 原作鈴木 央1994年、『Revenge』でデビュー。著作に『ライジングインパクト』、『ブリザードアクセル』、『金剛番長』、『ちぐはぐラバーズ』など。現在、週刊少年マガジンで『七つの大罪』の続編にあたる『黙示録の四騎士』を大人気連載中。
  • その他池田 臨太郎

作品情報

製品名小説 劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち
著者名
  • 松田 朱夏
  • 原作鈴木 央
  • その他池田 臨太郎
発売日2021年07月02日