満州アヘンスクワッド(4)

満州アヘンスクワッド(4)

内容紹介

「戦争を起こすのよ。最後に笑うのは私達‥‥!!」
青幇に拉致された李姚莉を助け出すため、ひとり敵のアジトに乗り込んだ勇。そこで新京のボスである周に真阿片を使って取引を持ちかけるが、パイプに仕掛けた爆薬に気付かれ交渉は決裂。窮地に追い込まれた勇だったが、鞄に仕込んだ第二の爆弾が炸裂し、無事彼女の救出に成功する。満映を手中に収め、スター女優を取り戻した勇たちは、李姚莉を主演に真阿片をプロパガンダする映画の製作に乗り出す。だがその裏で、新京に出回る真阿片の噂を嗅ぎつけ、“阿片王”と呼ばれる男が彼らに迫り始めていた──。

著者紹介

  • 鹿子
  • 原作門馬 司

登場人物紹介

  • 日方 勇

    関東軍兵士として家族とともに満州に渡るが、怪我のため農業義勇軍に。病に倒れた母を救うため、アヘン作りに手を染める

  • 麗華

    中華民国最大の秘密結社のボスの娘。組織の呪縛から逃れて自由になるため、勇にアヘン密売の協力を持ちかける

  • 杜月笙

    中華民国最大の秘密結社「青幇」の三大ボスの一人で、中国暗黒街の最大権力者

  • リン

    元は青幇の売人であり、瞬間記憶能力を持っていることに麗華が目をつけ仲間に引き入れる

  • バータル

    最強の戦闘民族と言われるモンゴル民族の四ヶ国語を操る青年。麗華がアヘン畑の護衛を依頼したことを契機に、長老から贈り物という形で仲間に加わった

  • 李姚莉

    青幇に中国人女優として偽りの人生を送らされている日本人女性。本名は山内洋子。逃亡を企て、刺客に追われることになるが、勇たちにより助けられ、日本へ

  • 洋子を「李姚莉」として従わせていた青幇の一員。冷酷な性格で、針を使った拷問を得意としている

  • 里山 柾

    新聞記者だが、関東軍と手を組み阿片売買を取り仕切る阿片王。陰で純度の高い阿片が出回っていることを警戒し、杜月笙へ取引を持ちかける

  • キリル・メドヴェージェフ

    ロシア人ドライバー。スターリン政権下で「大粛清」に加担していたが、今は哈爾濱(ハルビン)で逃し屋を営む。いつかはナターシャとともにロシアへ帰国したい

  • ナターシャ

    かつて「大粛清」で両親が殺されたショックでほとんど目が見えない。密かに彼女に惹かれていたキリルに助けてもらい、ともに暮らしている

  • 閻馬

    哈爾濱の大観園で宿を営んでいる。物心ついたころから大観園にいるので、裏事情にも詳しい

  • 日方 セツ

    勇の妹。しっかり者で家族思い。禁制の芥子畑を見られたことで勇を殺そうとした農業義勇軍の陣内を、逆に殺してしまう

  • 日方 三郎

    勇の弟。長谷川の前で芥子畑を見たことをうっかり話してしまう

  • 長谷川 圭人

    関東軍憲兵隊伍長。アヘンの密売を取り締まっている。容疑者から情報を引き出すために、凄惨な拷問を行う

作品情報

製品名満州アヘンスクワッド(4)
著者名
  • 鹿子
  • 原作門馬 司
発売日2021年05月12日
初出『コミックDAYS』2020年10月~12月