不死身の特攻兵(9)

不死身の特攻兵(9)
著者
  • 原作鴻上 尚史
  • 東 直輝
掲載誌
  • コミックDAYS
ジャンル

内容紹介

飛ぶことが大好きで操縦士となった佐々木友次青年。転進を余儀なくされた第四航軍は、特攻兵達を置き去りにしたままマニラから撤退し、戦線は大混乱――! 佐々木を庇った軍医も、陸の特攻「決死隊」として飛行場大隊に向かうことになってしまった!! 9度の特攻から生還した佐々木青年の物語、第9巻!

著者紹介

  • 原作鴻上 尚史作家・演出家。1958年愛媛県生まれ。早稲田大学在学中の81年に劇団「第三舞台」を結成。87年「朝日のような夕日をつれて'87」で紀伊國屋演劇賞団体賞、95年「スナフキンの手紙」で岸田國士戯曲賞。97年に渡英し、俳優教育法を学ぶ。11年に第三舞台封印解除解散公演「深呼吸する惑星」を上演。現在は、「KOKAMI@network」と「虚構の劇団」を中心に活動。10年に戯曲集「グローブ・ジャングル」で第61回読売文学賞受賞。舞台公演のかたわら、エッセイや演劇関連の著書も多く、ラジオ・パーソリナティ、テレビの司会、映画監督など幅広く活動。「あなたの魅力を演出するちょっとしたヒント」「クール・ジャパン!?」「八月の犬は二度吠える」「青空に飛ぶ」(以上講談社)「発声と身体のレッスン」「演技と演出のレッスン」(白水社)「孤独と不安のレッスン」「幸福のレッスン」(だいわ文庫)他著書多数。日本劇作家協会会長。
  • 東 直輝

登場人物紹介

  • 佐々木 友次

    日本陸軍初の特別攻撃隊「万朶隊」で唯一の生還者である操縦士。9度の特攻命令を出され9度生きて帰ってきた

  • 岩本 益臣

    「爆撃の鬼」の異名を持つ陸軍大尉。「万朶隊」隊長。部下を特攻で無駄死にさせまいと、搭乗機が爆撃できるよう改造を画策。富永に呼ばれ移動中、敵に攻撃され戦死

  • 鵜沢 邦夫

    友次と同じ、仙台地方航空機乗員養成所出身の操縦士。特攻隊に配属されたことを知り故意に事故を起こし、逃れようとするが……

  • 富永 恭次

    “東條英機の腰巾着”と呼ばれた陸軍中尉。岩本達の隊を「万朶隊」と名付けることで、有志で組まれた非公式の隊として位置付け、特攻を強行させる

  • 猿渡 篤孝

    「万朶隊」が所属する第四飛行師団参謀長、陸軍大佐。特攻から生還した友次に対し、戦死広報通りに特攻で戦死してこいと、繰り返し出撃命令を出す

  • 美濃部 浩次

    第四航空軍参謀編成担当、陸軍少佐。すでに戦死広報を出していたにも関わらず生還した友次に対し「戦死の訂正はまかりならん」と発言し、特攻を強要する

作品情報

製品名不死身の特攻兵(9)
著者名
  • 原作鴻上 尚史
  • 東 直輝
発売日2020年11月06日
初出『ヤングマガジン』2020年第16号~第25号、『コミックDAYS』2020年6月