娘の友達(6)

娘の友達(6)
著者
  • 萩原 あさ美
掲載誌
  • コミックDAYS
ジャンル

内容紹介

箱根の旅館で、僕らはキスをした。
ふたりで小さな布団に入りながら、君の思い出話を聞いた。
そして、君の健気さと、苦しみを知った。

君を助けたい。君の人生を変えたい。
君を抱きしめたい。君のすべてを受け止めたい。
君を、普通の女の子にしてあげたい。
だから、どうか…どうか…僕を突き放さないでほしい。

君との関係が会社に知られようが、
君のお母さんに知られようが、
僕はもう、迷わないから――。

著者紹介

  • 萩原 あさ美

登場人物紹介

  • 市川 晃介

    妻に先立たれ、娘と二人暮らし。よき父、よき上司として理想の自分を演じて来たが、娘の友人である古都と出会い、疲弊した自分に気づく

  • 如月 古都

    高校1年生。偶然が重なり晃介と知り合い、好意を抱くように。一見穏やかだがしつけに厳しい母親との関係に、息苦しさを感じている

  • 市川 美也

    晃介の一人娘。母の死以来、不登校になっていたが登校するように。小学校以来の友人である古都と父親の関係を知り、ショックを受ける

  • 三崎 正一郎

    古都や美也の同級生。一人でいることが多いが、学校で所在なさげな美也と、たまに階段下で過ごしている

  • 本間

    晃介の部下で、彼と古都の関係を知っているが秘密にしてくれている。晃介に好意を抱いているようだが……

作品情報

製品名娘の友達(6)
著者名
  • 萩原 あさ美
発売日2020年11月11日
初出『コミックDAYS』2020年7月~9月