グラゼニ~パ・リーグ編~(10)

グラゼニ~パ・リーグ編~(10)
著者
  • 足立 金太郎
  • 原作森高 夕次
掲載誌
  • モーニング
映像化
ジャンル

内容紹介

GCに移籍して来て2年目、夏之介は先発の柱として貢献していた。チームは、シーズン最終局面に来て首位PSと熾烈な優勝争い真っ最中。迎えた最終戦、GCが勝ち、PSが負けた場合にのみGCは優勝できる。PSはパ・リーグ特有の移動の疲れもあり初回からボロボロ。GCは、先発の扇田が1点リードのまま4回でマウンドを降り、夏之介がリリーフで5回・6回を登板。6人でぴしゃりと抑えそのまま逃げ切り、見事リーグ優勝を果たした。夏之介と扇田は最多勝を獲得。最多本塁打の坪内、最多セーブの薬丸と、最優秀中継ぎの本木。昨年最下位だったGCから、5人のタイトルホルダーが誕生した。CS制覇、そして日本一を目指して。夏之介、34歳の大勝負!

著者紹介

  • 足立 金太郎第20回MANGA OPENにて才能を見いだされた異才。
    得体の知れない短編を数作発表後、「モーニング・ツー」誌上で『The DRIFTERS』を初連載。
    『グラゼニ』では初の原作モノに取り組む。『グラゼニ ~パ・リーグ編~』連載開始に伴い、ペンネームをアダチケイジから足立金太郎へと変更した。
  • 原作森高 夕次長野県出身の1963年生まれ。中学・高校を野球部で過ごす。
    『総理を殺せ』『おさなづま』『ショー☆バン』等、野球に限らず様々な題材の原作を手がけてきた鬼才。
    『グラゼニ』にて第37回(2013年度)講談社漫画賞を受賞。
    「イブニング」にて『グラゼニ』スピンオフ『グラゼニ ~夏之介の青春~』(漫画/太秦洋介)を連載中。

登場人物紹介

  • 凡田 夏之介

    先発投手としての活躍を求め、“球界の盟主”文京モップスから、FA移籍で「仙台ゴールデンカップス」に入団した

  • 徳永

    仙台ゴールデンカップス投手コーチで愛称はトク。夏之介とは同じ山梨出身ということもあり現役時代から人一倍かわいがっている

  • 向井監督

    ゴールデンカップス監督。山梨県出身。監督に就任すると徳永、夏之介と同県出身者をチームに入れた

  • 布川 徳広

    仙台ゴールデンカップスの若手投手トリオ「アマがき隊」の1人。スマホに依存しがちで、プチ炎上を起こしたことも

  • 本木 幹夫

    仙台ゴールデンカップスの若手投手トリオ「アマがき隊」の1人。3人の中で唯一オールスターに初選出される

  • 薬丸 知

    仙台ゴールデンカップスの若手投手トリオ「アマがき隊」の1人。ゲンを担いでスマホ断ちしている

作品情報

製品名グラゼニ~パ・リーグ編~(10)
著者名
  • 足立 金太郎
  • 原作森高 夕次
発売日2020年11月20日
初出『モーニング』2020年33号~42号、44号