うちの師匠はしっぽがない(4)

うちの師匠はしっぽがない(4)
著者
  • TNSK
掲載誌
  • 増AF good!アフタヌーン

ジャンル

内容紹介

「ウチの弟子を、見くびらんといてんか」

先代の遺志に背いて弟子を取ったことを
上方落語四天王から糾弾される文狐。
白團治の提案により、
四天王が出す試験をまめだがクリアすれば、
大黒亭の存続を認めてもらえることとなった。

大好きな師匠のもとに戻るため、
まめだは曲者揃いの四天王に挑む――!

文狐師匠の過去と約束がついに明かされる
師弟愛爆発の第4巻!

著者紹介

  • TNSK大阪府出身。イラストレーター、漫画家。これまでの漫画連載作品に『時ドキ荘』(電撃コミックスEX)、『あいどるスマッシュ!』(サイコミ)などがある。
    2019年1月より月刊「good!アフタヌーン」にて『うちの師匠はしっぽがない』連載スタート!

登場人物紹介

  • まめだ

    豆狸の女の子。文狐の寄席を見て落語の魅力に目覚め、落語家を目指す。文狐に弟子入りし、彼女を師匠と呼ぶ

  • 大黒亭 文狐

    人気落語家。弟子を持たない主義だったが、まめだの姿に心動かされ、弟子入りを許す。上方落語の名人「四天王」の一人

  • 椿 白團治

    上方落語四天王の一人。まめだへの試練の発案者。チャームポイントはお尻

  • 霧の圓紫

    上方落語四天王の一人。文狐がまめだを弟子にしたことを糾弾した

  • 恵比寿家 歌緑

    上方落語四天王の一人。文鳥と同世代。ヘビースモーカーで病弱

  • 大黒亭 文鳥

    文狐の師匠で白團治の父

  • 椿 しらら

    新米落語家。前座。東京の極道・黒駒一家の跡取りだが、家を飛び出して落語の道へ

  • 小糸

    寄席で三味線と唄を担う「下座」。文狐も信頼する名手

  • らくだ

    黒駒一家のヤクザ者。しららに救われた過去がある

  • 作次郎

    寄席のオーナー。「席亭」を務める

  • お松

    演目の間に舞台を整える「お茶子」

作品情報

製品名うちの師匠はしっぽがない(4)
著者名
  • TNSK
発売日2020年10月07日
初出『good!アフタヌーン』2020年5号、7~9号