雨の日も神様と相撲を(1)

雨の日も神様と相撲を(1)
著者
  • 戸賀 環
  • 原作城平 京
掲載誌
  • 少年マガジンR
ジャンル

内容紹介

両親を突然の事故で亡くした中学生・逢沢文季。親戚に引き取られ暮らすことになった村で彼が体験したのは、二本足で立ち、相撲を取るカエル達との遭遇、林に捨てられたトランク詰めの死体の謎解き、そして、オートバイを片手で軽く持ち上げる不思議な少女・遠泉真夏との日々だった――
『虚構推理』城平京がおくる[青春×神事×ミステリ]、はじまりはじまり。

著者紹介

  • 戸賀 環【戸賀環(とが・たまき)】
    本作にてデビュー。
  • 原作城平 京【城平京(しろだいら・きょう)】
    奈良県出身。代表作に漫画原作『絶園のテンペスト』『スパイラル~推理の絆~』、小説『虚構推理 』『名探偵に薔薇を』『雨の日も神様と相撲を』など。

登場人物紹介

  • 逢沢 文季

    中学3年生。両親を亡くして親戚に引き取られ、相撲好きのカエルを神様と崇める久々留木村で暮らすことに。幼い頃から相撲道場に通っていた

  • 遠泉 真夏

    久々留木村を治める遠泉家の長女。文季にカエル様に相撲を教えて欲しいと頼む。カエル様の言葉がわかり、バイクを片手で持ち上げる怪力

  • 川西

    文季の同級生でクラス委員。真面目で人当たりがよく、文季に校内や村のことなどを教えてくれる。農家の三男坊で、相撲は強くない

  • 池上

    文季の同級生で相撲が強い。最初は小柄な文季を期待外れと感じていたが、文季と取り組んでその実力を実感。自分たちに相撲を教えて欲しいと頼む

  • 浅沼 悟

    文季を引き取った文季の母方の叔父。亡き妻との結婚の条件が、浅沼家に婿入りして村に住み、刑事になることだったため、現在は県警の刑事

  • 浅沼 登志郎

    悟の義父で元刑事。娘亡き後も悟と同居している。文季には「としさん」と呼ばれている

作品情報

製品名雨の日も神様と相撲を(1)
著者名
  • 戸賀 環
  • 原作城平 京
発売日2020年08月17日
初出『少年マガジンR』2020年1号(『月刊少年マガジン』2020年1月号増刊)~2020年4号(同4月号増刊)