神さまの恋人(4)

神さまの恋人(4)
著者
  • 原作伊賀 大晃
  • 漫画・漫画原作月山 可也
掲載誌
  • ヤングマガジン
ジャンル

内容紹介

神太郎(ジンタ)は人気の仮想空間『64 TOKYO』の創造者=「神さま」。最新技術で”昭和64年”を再現したこの世界には、懐かしい温かさを求める人たちが多く訪れていた。

仮想空間で起きた現実の殺人事件の犯人として警察に追われ、姿を消した舞花。彼女と再会することを夢見るジンタだが、「トウキョウ・ルシファー」率いる暗黒系VWが現実を蹂躙し始めた! 奪われた「舞花の心」を追って、ジンタはトモ・龍子・ゲン・JUNとともに奴らの本拠地「ルシファーズ・キングダム」に乗り込む。
“残虐が正義”のセカイで、ジンタ達の死闘が始まった!

『週刊少年マガジン』で大ヒットを記録した、サッカー漫画の金字塔『エリアの騎士』。そのゴールデンコンビが描き出す仮想世界サスペンス第4巻!!

著者紹介

  • 原作伊賀 大晃
  • 漫画・漫画原作月山 可也

登場人物紹介

  • 神 太郎

    『64TOKYO』を管理・運営する「神さま」。VW内の舞花と付き合い始める。自身の創り出した世界が、現実に影響していることに戸惑う

  • ジンタ

    『64TOKYO』での神のアバターで、仮想世界内の物質をコントロールできる。舞花と付き合い始め幸せの絶頂にいるが……

  • 柊 舞花

    帝都大学病院の小児科研修医で、ジンタの憧れの女性。生前の西にストーキング行為を受けていた。ジンタと急接近し、一夜を共にしてしまう

  • 柊 舞花(アバター)

    『64TOKYO』のカフェに勤める、現実の舞花と顔も名前も同一の女性アバター。VW内でジンタの恋人になるが、現実での正体は不明

  • 渋谷 智也

    神の幼馴染みで、帝都大学病院担当のMR。ジンタとともに事件の謎を追いながら、現実の舞花に疑いを持つ。VWの影響からか現実での体が女性化していく

  • トモ

    智也のアバター。ジンタの妹である女子高生という設定で、過剰なスキンシップが多い。『64TOKYO』が現実を侵食していることに気づき警鐘を鳴らす

  • 御堂

    警視庁捜査一課の刑事。西と倉敷の事件を担当。2つの事件に『64TOKYO』が関係していると睨み、捜査を始める

  • 御堂 龍子

    『64TOKYO』を捜査するための御堂のアバター。微妙に昭和64年とズレがあり、90年代ギャルが混じっている

  • 西 大輔

    帝都大学病院のエックス線技師で、舞花のストーカー。ジンタにアバターを消去された同日に、現実でも何者かに殺される

  • 暴漢

    戦闘に特化した西のアバター。現実では相手にしてくれない舞花に襲いかかるが、「神さま=ジンタ」に消去されてしまう

  • 西 大輔(アバター)

    現実世界で死んだはずの西大輔の姿を借り、自らを悪魔と名乗って『64TOKYO』にやってくる。度々ジンタ達の前に現れるがその目的は謎

  • 倉敷 香苗

    帝都大学病院小児科の看護師長。ジンタがバイトするコンビニをよく利用しており、過去に娘を亡くしているらしい

  • リエ

    倉敷のアバターでファッションモデル。西殺しの犯人を告げにジンタ達の前に現れるが、何者かに殺される

  • 才川

    御堂の部下で、共に捜査に加わる警視庁の刑事。VWに対して理解があり、御堂に新たな世界を試すよう勧める

  • 九城 宗一郎

    帝都大学病院の精神科医で、ジンタとは以前からの知り合い。事件に関してジンタの相談に乗り、独自の見解を述べる

作品情報

製品名神さまの恋人(4)
著者名
  • 原作伊賀 大晃
  • 漫画・漫画原作月山 可也
発売日2020年02月06日
初出『ヤングマガジン』2019年第42号~第47号、第49号~第51号