アルキメデスの大戦(18)

アルキメデスの大戦(18)
著者
  • 三田 紀房
掲載誌
  • ヤングマガジン

内容紹介

櫂が上海の物資集積所を爆撃した作戦を応用し、ドイツが周辺国を相次いで爆撃。そしてポーランドに侵攻し、第二次世界大戦の口火が切られる。海軍上層部は関係強化のため日独伊三国同盟の締結を提案するが、櫂はドイツとの接近こそが日米開戦の引き金だとし、反ヒトラーを訴える。さらに櫂は、関係が悪化する米国と和平交渉を実現すべく、ある大胆な作戦を実行する!

著者紹介

  • 三田 紀房1958年生まれ、岩手県北上市出身。明治大学政治経済学部卒業。
    代表作に『ドラゴン桜』『インベスターZ』『エンゼルバンク』『クロカン』『砂の栄冠』など。
    『ドラゴン桜』で2005年第29回講談社漫画賞、平成17年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。
    現在、「モーニング」にて『ドラゴン桜2』を連載中。

作品情報

製品名アルキメデスの大戦(18)
著者名
  • 三田 紀房
発売日2019年11月06日
初出『ヤングマガジン』2019年第25号~第34号