ヒストリエ(11)

ヒストリエ(11)
著者
  • 岩明 均
掲載誌
  • アフタヌーン

内容紹介

エウメネスは恋人・エウリュディケがフィリッポス王の第7王妃となること、自身が「王の左腕」に選ばれたことを知り、引退を決意する。その頃、どこか王子アレクサンドロスに似た男・パウサニアスが不穏な空気を漂わせていた。パウサニアスの過去には何が? そして彼はエウメネスとどこで交差する?

著者紹介

  • 岩明 均1960年東京都生まれ。
    1985年『ゴミの海』が「モーニングオープン増刊」に掲載され、デビュー。1993年「アフタヌーン」に連載の『寄生獣』で第17回講談社漫画賞受賞。代表作に『寄生獣』『七夕の国』『ヘウレーカ』等がある。
    現在は「アフタヌーン」に『ヒストリエ』を連載中。

作品情報

製品名ヒストリエ(11)
著者名
  • 岩明 均
発売日2019年07月23日
初出『アフタヌーン』2017年6月号、8月号、10月号、12月号、2018年2月号、4月号、6月号、8月号、10月号、12月号