決闘裁判(3)

決闘裁判(3)
著者
  • 宮下 裕樹
  • 協力後藤 一信
掲載誌
  • 増YM ヤングマガジンサード

内容紹介

17世紀初頭、神聖ローマ帝国。この地において、裁判とは暴力であった――。原告と被告の決闘で有罪無罪が決まる「決闘裁判」が広く行われていた。「神は正しい方の人間を勝利に導く」という大義名分のもとに‥‥。ニコとクロイツの決闘裁判は、圧倒的不利だったニコの捨て身のカウンターが決まったところで、アリアが一人の子供を連れてくる。それはフライブルク前領主と妃の息子であり、この国の正統なる後継者だった。子供が救出されたことで、クロイツは今までの自分の行いへの懺悔と代官ゲルルフの不正を告発しようとするが‥‥。


17世紀初頭、神聖ローマ帝国。ニコとクロイツの決闘裁判は、圧倒的不利だったニコの捨て身のカウンターが決まったところで、アリアが一人の子供を連れてくる。それはフライブルク前領主と妃の息子であり、この国の正統なる後継者だった。子供が救出されたことで、クロイツは今までの自分の行いへの懺悔と代官ゲルルフの不正を告発しようとするが‥‥。

著者紹介

  • 宮下 裕樹
  • 協力後藤 一信

作品情報

製品名決闘裁判(3)
著者名
  • 宮下 裕樹
  • 協力後藤 一信
発売日2018年09月20日
初出『ヤングマガジンサード』2018年第3号~第7号