テセウスの船(1)

テセウスの船(1)
著者
  • 東元 俊哉
掲載誌
  • モーニング
映像化
ジャンル

内容紹介

1989年6月24日、北海道・音臼村の小学校で、児童16人を含む21人が青酸カリで毒殺された。逮捕されたのは、村の警察官だった佐野文吾。28年後、佐野の息子・田村心は、死刑判決を受けてなお一貫して無罪を主張する父親に冤罪の可能性を感じ、独自に調査を始める。事件現場を訪れた心は、突如発生した濃霧に包まれ、気付くと1989年にタイムスリップしていた。時空を超えて「真実」と対峙する、本格クライムサスペンス、開幕。


1989年6月24日、北海道・音臼村の小学校で、児童含む21人が毒殺された。逮捕されたのは、村の警察官だった佐野文吾。28年後、佐野の息子・田村心は、死刑判決を受けてなお一貫して無罪を主張する父親に冤罪の可能性を感じ、独自に調査を始める。事件現場を訪れた心は、突如発生した濃霧に包まれ、気付くと1989年にタイムスリップしていた。時空を超えて「真実」と対峙する、本格クライムサスペンス、開幕。

著者紹介

  • 東元 俊哉

登場人物紹介

  • 田村 心

    音臼小無差別大量殺人事件の犯人の息子。事件の真相を知るため訪れた音臼村で突如1989年にタイムスリップし、過去を変えるため奔走する

  • 岸田 由紀

    心の妻。出産時に子供は生まれたものの自らは命を落としてしまう。歴史が変わった現代では雑誌の記者をしており、音臼村の事件を調べていた

  • 佐野 文吾

    音臼村の元警察官で、心の父。殺人事件の犯人として死刑が確定したが本人は無実を主張。過去にタイムスリップしてきた彼と事件の真相を探る

  • 佐野 鈴

    文吾の長女であり、心の姉。成人してからは整形し「村田藍」の偽名を使い別人として暮らしていた。みきおの内縁の妻となり妊娠している

  • 加藤 みきお

    音臼村事件の真犯人。被害者の1人を装いさつきの養子となり、のちに藍の内縁の夫となる。タイムスリップ後、過去の自分の犯行を幇助する

  • 木村 さつき

    音臼村の元学校教員で、みきおの養親。彼が事件の真犯人だと知っており、その秘密を守るために殺人を犯すが……

  • 佐野 慎吾

    文吾の長男であり、心の兄。心が変えた過去では、幼少期、事件前に母・姉と親戚の家に避難しようとしたが、加藤に襲われ自分だけ解放された

作品情報

製品名テセウスの船(1)
著者名
  • 東元 俊哉
発売日2017年09月22日
初出『モーニング』2017年30号~36・37合併号