架刑のアリス(8)

架刑のアリス(8)
著者
  • 由貴 香織里
掲載誌
  • ARIA

内容紹介

長女・荊との戦いに辛くも勝利し、束の間の平穏な日々を過ごすステラ。しかし風呂場で死んだはずの四男・海が攻撃をしかけてきた――!「忘れちゃったんですかァ?海のこと」続けざまに海の双子の兄、三男・太陽との戦いが始まるも、月兎を人質にとられ、アリスは手も足も出せない…。さらに太陽の出す強烈な炎に包まれ、2人は絶体絶命――!?

著者紹介

  • 由貴 香織里1987年「別冊花とゆめ」秋の号『夏服のエリー』(白泉社)でデビュー。
    代表作に『天使禁猟区』『伯爵カインシリーズ』『人形宮廷楽団』(すべて白泉社)、『異域之鬼』(講談社)など。
    美しく退廃的な世界観と稀代のエンターテイメント性を併せ持った作品の数々で、多くのファンを持つ。
    重版続々の超話題作『架刑のアリス』をARIAにて絶賛連載中!

作品情報

製品名架刑のアリス(8)
著者名
  • 由貴 香織里
発売日2017年07月07日
初出『ARIA』2017年2月号・5月号~7月号