マージナル・オペレーション(7)

マージナル・オペレーション(7)
著者
  • キムラ ダイスケ
  • 原作芝村 裕吏
掲載誌
  • アフタヌーン

内容紹介

少年兵、少女兵を活用し、合理的なオペレーションで生き抜いてきたフリーランスの庸兵指揮官「子供使い」。もとニートの日本人青年・新田良太(通称アラタ)は、はずみで入社した軍事企業の赴任先、中央アジアで未来のない少年兵たちと出会って以来、子供たちが戦うことなく暮らしていける世界を模索する。タイでスラムの子供たちを食い物にする悪徳業者から救い、自分たちの部隊へのリクルートを依頼されたアラタは苦悩する。

著者紹介

  • キムラ ダイスケ漫画家、イラストレーター。
    群馬県出身、関西在住。
    イラストレーターとしては『憂鬱なヴィランズ』『青い森の国』など。
    ウサギの世話で忙しいです。愛車は油性マジックでビアンキって書いた中古のママチャリ。
  • 原作芝村 裕吏ゲームデザイナー。
    『ガンパレード・マーチ』、『絢爛舞踏祭』、『ガンパレード・オーケストラ』三部作などを手がける。その特異な世界観と研ぎすまされたシステムから「芝村ゲー」と呼ばれ、熱狂的なファンを獲得している。近年は漫画原作も数多く手がける。本作が初の書き下ろし長編小説となる。(星海社WEB「最前線」より)

作品情報

製品名マージナル・オペレーション(7)
著者名
  • キムラ ダイスケ
  • 原作芝村 裕吏
発売日2016年11月22日
初出『アフタヌーン』2016年6月号~10月号