げんしけん 二代目の十二(21)<完>

げんしけん 二代目の十二(21)<完>
著者
  • 木尾 士目
掲載誌
  • アフタヌーン

内容紹介

朽木の卒業旅行に出かけた現視研ご一行。朽木のことはほっといて、斑目に想いを寄せる現視研メンバーの中から一人を選ぶ「デートイベント」がついに決着! 斑目らしい結論に、すべては一件落着に見えたが……最後にもう一波乱待っていた! 現視研先代メンバーも揃って大団円へ! 「二代目」の物語、ここに完結です! もちろん単行本でしか読めない4コマなど、大量の描き下ろしページも収録! 最後のおまけ漫画は必読ですよ!

著者紹介

  • 木尾 士目1994年アフタヌーン四季賞にて、『点の領域』で四季賞を受賞してデビュー。1997年から『四年生』(全1巻)『五年生』(全5巻)を連載。2002年から2006年にかけて『げんしけん』(全9巻)を描き上げた。2006年からは『くじびき・アンバランス』(全2巻)の原作を担当(画・小梅けいと)。

作品情報

製品名げんしけん 二代目の十二(21)<完>
著者名
  • 木尾 士目
発売日2016年11月22日
初出『アフタヌーン』2016年5月号~10月号