穴殺人(7)

穴殺人(7)
著者
  • 裸村
掲載誌
  • マンガボックス

内容紹介

隣に住んでいる人は、少しエッチで、清楚で、料理上手な、ごく普通の人でした。ただひとつ残念なことに、彼女は猟奇殺人犯でした。ネット界の巨人から何度も削除され、糾弾され続けた、禁断の人気作。マンガボックス最多読者の支持を得て、ついに単行本化!


この手で殺したはずの宮市さんが生きていたんです。でも記憶をなくした彼女は、僕にとっては死んでいるも同然で‥。以前の彼女は平気で人を殺していたのに、今は教会で子供たちと一緒にお祈りするような人に。彼女の記憶を取り戻し、本当の彼女に会いたい。そして、僕は彼女に殺されたい。そのためにやらなければならないこと。それは、人を殺すことなんです。

著者紹介

  • 裸村

作品情報

製品名穴殺人(7)
著者名
  • 裸村
発売日2016年07月08日
初出『マンガボックス』2016年第5号~第14号、第16号~第24号