DEAR BOYS OVER TIME(1)

DEAR BOYS OVER TIME(1)
著者
  • 八神 ひろき
掲載誌
  • 月刊少年マガジン

内容紹介

廃部寸前の瑞穂高校バスケ部に突如転校してきたのは、バスケの名門・天童寺高校の元キ
ャプテン・哀川和彦。哀川の実力と熱意で、バスケ部の活動を再開することを決意した藤原、三浦、石井、土橋。瑞穂バスケ部の全国に向けた新たな挑戦が始まった! シリーズ累計4000万部突破の国民的バスケ漫画『DEAR BOYS』。25年の長期連載を終え、待望の新シリーズが遂にスタート! インターハイの激闘が終わり、それぞれのチームの“その後”とは‥‥!? 知られざるエピソードが今!!


毎号、オムニバス形式で送る『DEAR BOYS』の新シリーズ! インターハイの激闘が終わり、それぞれの“その後”を描いたエピソード4編を収録。天才プレーヤー・哀川和彦が周囲に与えた影響とは!? 第1話は「天童寺高校」編。インターハイ決勝戦で、惜しくも瑞穂に敗れた天童寺メンバー。卒業を目前にひかえ、沢登聖人、如月彩、剣武蔵――3年生達のそれぞれの“胸中”は‥‥!?

著者紹介

  • 八神 ひろき1966年生まれ。新潟県出身。1987年、「月刊
    少年マガジン」にて『2人におまかせ』でデ
    ビュー。1989年より同誌にて『DEAR BOYS』を
    連載開始。1996年から2004年まで『G-taste』
    を連載(ミスターマガジン~ヤングマガジンUppers)。
    『DEAR BOYS』は、番外編『DEAR BOYS THE EARLY DAYS』
    を挟み、1997年より『DEAR BOYS ACTII』、2009年より『DEAR BOYS ACT3』を2015年まで連載。
    2016年より『DEAR BOYS OVER TIME』として現在連載中。
    『DEAR BOYS』はシリーズ累計売上が4,000万部を超え、
    2007年には『DEAR BOYS ACTII』で第31回講談社漫画賞少年部門を受賞。

作品情報

製品名DEAR BOYS OVER TIME(1)
著者名
  • 八神 ひろき
発売日2016年06月17日
初出『月刊少年マガジン』2016年3月号~6月号