昭和元禄落語心中(9)

昭和元禄落語心中(9)
著者
  • 雲田 はるこ
掲載誌
  • ITAN

内容紹介

有楽亭八雲の落語が聴きたい――。
その心ひとつで叶えた贔屓筋だけの小さな会で、与太郎こと三代目助六がかけた思い出の根多が、師匠・八雲の心を動かし、もう一度高座へと導く。
が、無粋な邪魔者が場を乱し……?
時は巡り、頑なだった八雲に再び慰問落語の機会が訪れる。

手前(じぶん)が 愛した落語。
かつての友が愛した落語。
すべてを道連れに、初めて出会えた
芸の神様とは――。


有楽亭八雲の落語が聴きたい――。その心ひとつで叶えた贔屓筋だけの小さな会で、与太郎こと三代目助六がかけた思い出の根多が、師匠・八雲の心を動かし、もう一度高座へと導く。が、無粋な邪魔者が場を乱し……? 時は巡り、頑なだった八雲に再び慰問落語の機会が訪れる。手前(じぶん)が 愛した落語。かつての友が愛した落語。すべてを道連れに、初めて出会えた芸の神様とは――。

著者紹介

  • 雲田 はるこ

作品情報

製品名昭和元禄落語心中(9)
著者名
  • 雲田 はるこ
発売日2016年02月05日
初出『ITAN』2015年第27~29号