修羅の門 第弐門(14)

修羅の門 第弐門(14)
著者
  • 川原 正敏
掲載誌
  • 月刊少年マガジン

内容紹介

累計部数2500万部!格闘漫画の金字塔が14年ぶりの復活!!

南米のジャングルに姿を消して三年‥陸奥九十九が帰ってきた! 今度の主戦場は総合格闘技「兵」のリング。一部の記憶を失い「壊れた」九十九は、進化した格闘家達を相手に‥勝ち続けることが出来るのか!?


THE APEX決勝戦。「絶対王者」ファン・デル・ボルト、TSFの「切り札」ジム・ライアン‥強豪相手にEXRまで戦いながら勝ち上がってきた陸奥九十九。ニック・ギャレット、飛田高明に対し笑みすら浮かべながら勝利した姜子牙。異なる道筋で決勝のリングに進んだ、二人のモンスター・・遂に激突す!

著者紹介

  • 川原 正敏川原正敏 広島県三原市出身 代表作に『修羅の門』『海皇紀』『修羅の刻』などがある。
    現在は月刊少年マガジンで『修羅の門 第弐門』を連載中。また『修羅の門』のスピンオフ作品である『修羅の門異伝 ふでかげ』でも原作を担当している。

作品情報

製品名修羅の門 第弐門(14)
著者名
  • 川原 正敏
発売日2014年10月17日
初出『月刊少年マガジン』2014年5月号~7月号