新着クリップ

編集部より最新情報をお届けします。

ソーシャル拡散による、販促の成功事例をご紹介!

タイアップ事例2018.04.13

Facebook・Twitter・Instagramなどのソーシャルメディアを使ったマーケティングが、ビジネスにおいて欠かせない手法となっています。


ソーシャルメディアは「共感」による繋がりを重視しているメディア。共感とは、ウィキペディアによれば、「他者と喜怒哀楽の感情を共有することを指す。もしくはその感情」のこと。私たちの日常生活には、そこここに共感する瞬間があります。TVドラマの主人公に対して、耳にした音楽の歌詞に対して、友人の行動に対して……etc.


そして、これらさまざまな「共感」には、共通するポイントがありました。


それは、他の人やモノに「その人らしさ」や「そのモノならでは」というオリジナリティがある、というところ。一般論や常識ではない、パーソナルなものとも言い換えられるでしょう。


このことから、「共感」がSNSを通じて拡散されるには、「個」「個人」としてのオリジナリティが重要ということがわかります。そして、この「個人」を、そのまま「企業」に置き換えても理屈は一緒。業界の商習慣や一般的なセオリーにとらわれず、「その企業らしさ」を感じさせられれば、顧客の共感を得ることができるのです。


C-stationでは、プレゼントキャンペーンやライブ配信などをソーシャル拡散とからめて、販売促進につなげたケースを、プチ事例としてダウンロード資料にまとめました。御社のマーケティングプラン策定の参考になれば幸いです。


資料ダウンロード
メール登録済の方はこちら
メール未登録の方はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

メール登録

コンテンツマーケティングの情報や
マンガ活用事例をはじめとした、
最新記事情報などをお届けします。

お問い合わせフォーム

コンテンツマーケティングでお困りの際には
ぜひお気軽にご相談ください。