2021.04.13

【長野県×島耕作 事例レポート】マンガを使って認知拡大、パブリシティ効果を実現!──ダウンロード資料が完成!

コロナ以前から県内への企業誘致策に力を入れていた⾧野県では、コロナ禍によるテレワークや サテライトオフィスの需要増を見込み、企業誘致をPRする特設サイトをリニューアルオープン。島耕作をナビゲーターに起用し、⾧野県の魅力や助成制度などについて紹介しました。長野県が実感した、島耕作を起用する効果とは? 本資料をダウンロードして、ぜひマーケティング活動にご活用ください。

長野県が抱えていた課題と、マンガの持つ力が合致

今回、長野県では「企業誘致のための特設サイトのナビゲーターに、島耕作を起用」しました。その背景には、3つの課題がありました。

・アクセスが伸びない
・どうしても説明が難しくなってしまう
・情報が点在している

この3つを解決する方法として、マンガの持つ伝達力(わかりやすく情報を届ける力)を活用し、さらにターゲットであるビジネスマンの認知度が高い「島耕作」を起用することで、親しみやすく情報が届くと考えたのです。

こうして生まれたのが「島耕作 長野県編」です。まるで島耕作のスピンオフ作品のように仕立てることで、長野県における企業誘致の情報をわかりやすく発信しました。


島耕作 起用の効果その1:想像以上の反響と効果

特設サイトでは、島耕作をはじめ、お馴染みのキャラクターたちが「オリジナルストーリー」のなかで、長野県の魅力を発信。「島耕作×長野県」というキャッチーなコラボレーションは、ニュース、新聞各社、ウェブ記事に多数取り上げられ、計約170媒体で紹介されるという大きなPR効果を発揮しました。


島耕作をはじめ、お馴染みのキャラクターたちが長野県の魅力を発信

島耕作 起用の効果その2:楽しんで読める! わかる!


難しい行政用語や複雑な制度解説も、キャラクターの会話の流れでスムーズに説明、その結果、文字だけの説明に比べて、楽しく読めてわかりやすいコンテンツとなりました。
会話の中に情報を盛り込むことで、興味喚起しながら、わかりやすく伝えることを実現した

資料では、このほかにも、「島耕作」を起用することで生まれた効果をさまざまな視点から解説。さらに後半では「マンガキャラクター活用」に関するノウハウを紹介しています。3つの<課題突破力>や手法など、事例とあわせて読むことで、マンガの持つ力を立体的に理解できる構成になっています。ぜひ資料をダウンロードして、マーケティングの課題解決のためにご活用ください。

<資料の主な内容>
●[Chapter1]⾧野県×島耕作 事例
長野県×島耕作
長野県が抱えていた3つの課題・
島耕作起用による課題1の解決 「アクセス数が伸びない」を解決!
島耕作起用による課題2の解決 「説明が難しくなってしまう」を解決!
島耕作起用による課題3の解決 「情報が点在している」を解決!
物語のアレンジ① SDGs
物語のアレンジ② 長野県の魅力
キャラクターコラボの成功要因

●[Chapter2]マンガキャラクター活用
マンガキャラクターが持つ3つの「課題突破力」とは
マンガキャラクター活用の極意
手法① タイアップ広告
手法② ライセンス契約による商品化
手法③ ライセンス契約による広告宣伝使用
マンガプロモーションに講談社の人気作品を

※本事例の詳細はC-station「事例紹介」で閲覧可能です。

講談社が提供する各種プロモーションサービスのご利用に関するお問い合わせ・ご相談はこちら