2020.12.21

キャラクター コラボ事例vol.15 ちはやふる × 府中市

講談社のマンガキャラクターやアニメキャラクターは、企業とコラボレーションすることで、商品やキャンペーンツールとして活用されるなど、新たな価値を生み出しています。C-stationでは、その代表的な事例を紹介しています。

ちはやふる × 東京都府中市

●対象商品・サービス:
・デザインマンホールin府中
・ちはやふるステッカーラリー in 府中
           
●キャラクター使用カテゴリー:
・マンホール
・ステッカー

●実施時期:
・デザインマンホールin府中 2020年3月21日(土)~
・ちはやふるステッカーラリー in 府中 2020年12月5日(土)~2021年1月31日(日)

●コラボ概要:
競技かるたの世界を舞台にした少女マンガ『ちはやふる』。BE・LOVEにて連載中で、アニメ化や実写映画化もされた、末次由紀先生作の超人気マンガです。

東京都府中市は、主人公の綾瀬千早たちが青春を過ごす舞台となっており、街の風景がたびたび作品に登場することから、ファンの間では聖地のひとつとして知られています。今回、作品にゆかりのある場所をめぐりながら、府中市の魅力と作品の世界観を楽しめるコラボレーションが実現しました。

デザインマンホールin府中

© 末次由紀/講談社

『ちはやふる』のキャラクターをはじめ、府中市マスコットキャラクター「ふちゅこま」や、府中観光協会キャラクター「古都見ちゃん」、ラグビーワールドカップ 2019 公式マスコット「レンジー」のイラストを活用したマンホールが計11種13枚製作されました。チーム戦を行った場所のモデルとされる片町文化センターなど、ゆかりのある市内各所に設置されています。設置場所やデザインを掲載したマップも配布されました(なくなり次第終了)。

また2021年1月19日(火)から、複製原画の展示や、千早たちの成長を紹介するエピソードコーナーなどを設けたイベントが開催されます。来場者には、デザインマンホールの紙製コースターがプレゼントされる予定です。

ちはやふるステッカーラリー in 府中

© 末次由紀/講談社

府中市美術館など、府中市内の各施設をめぐり、全5種類のイラストステッカーを集めるイベントです。ステッカーは、千早・太一・かなちゃん・机くん&肉まんくん・新の5種。参加費用は無料です。ステッカーのイラストは、府中市ならではのモチーフをあしらった、末次由紀先生の描きおろしです。

本コラボレーションは、作品の知名度を地方活性化に活用した事例です。作品の舞台となった街で展開されるという親和性の高さが話題創出にもつながりました。

「マンガを活用することで生まれる発信力」に関する資料はこちら

講談社が提供する各種プロモーションサービスのご利用に関するお問い合わせ・ご相談はこちら