2020.07.28

新時代のブランディング&マーケティングは、「FRaU×SDGs」との共創で実現! ──最新情報を盛り込んだ改訂版ダウンロード資料が完成!

世界が大きな変革を余儀なくされている今、SDGsは新時代のブランディング&マーケティングの指針として再認識され、企業や地方自治体、個人の枠を超えて浸透しつつあります。このたびC-stationでは、これからSDGsへの取り組みをますます進める皆さまに向け、最新情報を加えたSDGsの資料第2版を作成しました。ぜひご活用ください。

「SDGs」は、2015年に国連サミットで採択された「持続可能な開発目標」のことで、2030年までの達成を目指した17のゴールが掲げられています。世の中で起きている様々な問題を背景に強い危機感の中から誕生した、世界共通のポジティブな宿題でもあります。

講談社はこれまで、国連が2018年に発足させた「SDGメディア・コンパクト」への加盟や著名マンガ家らによるプロジェクト「SDGs×マンガのチカラ」の発足を始め、報道・ライフスタイル・コミック・児童向けなど、あらゆるメディアを通じてサステナブルな社会の達成に寄与する取り組みを行っています。そのなかで、女性向けライフスタイル・ワンテーマ・メディア『FRaU』は、いち早くSDGsに着目。女性視点でSDGsを紐解き、わかりやすいストーリーに置き換えることで、多くの読者の共感を獲得しています。

2018年12月に特集号 FRaU SDGs「世界を変える、はじめかた。」で、全編SDGsを特集。出版社初の快挙となる、日本雑誌広告賞の特別賞を受賞するなど、大きな話題となりました。その後、2019年10月にムック FRaU SDGs MOOK OCEAN「海に願いを。」、同年12月に2度目の特集号 FRaU SDGs 「世界を変える、はじめかた。 2020」、そして2020年7月に第4弾となる特集号 FRaU SDGs「日本からはじまる、SDGs。」を発売。さらに2020年12月には、FRaU SDGs 第5弾となる特集号の発売が決定しています。

発信は誌面だけでなく、大きく日常が変化したコロナ禍においては、「STAYHOMEも大事だけど、STAYSDGsも大事!」と提案し、Zoom社の協力のもと「オンライン共創会議」を緊急開催。FRaU×SDGsメンバーとともに、"今こそSDGs"というメッセージを力強く発信しました。また、2020年7~8月には、SDGsに全面的に取り組む「FRaU」と、 SDGs大学ランキングで日本No.1となった京都大学がパートナーとなり、プラスチックとの持続可能な付き合い方をテーマに、「みんなのプラ・イド革命」と銘打った「大編集会議」も開催予定です。

昨今、企業の持続可能な成長のために、SDGsに向けた活動を取り入れようとする企業の動きが加速しています。加えて、新型コロナウィルスの感染拡大は、環境や命の大切さを見直し、自分に何ができるのかを考えるきっかけにもなりました。SDGsの意義が再認識された今、SDGsへ取り組むことは新時代の緊急課題とも言えるでしょう。

今回C-stationでは、2020年2月に制作した資料、「『FRaU×SDGs』で実現させるブランド訴求と顧客開拓」に最新情報を加え、"SDGsへの取組は緊急課題"「FRaU×SDGs」との共創で実現 ! 新時代のブランディング&マーケティング」と題した資料をご用意しました。

『FRaU』は、SDGsと女性をつなぐ「Collective Impact Platform」として、SDGsの認知・関心を醸成し、SDGsと社会をつなぐ橋渡し役となり、課題解決にアプローチしていていきます。1991年以来、長きにわたって女性へ向けてさまざまなテーマを訴求し、社会に働きかける女性たちのムーブメントを生み出してきた『FRaU』だからこそできるプロモーションで、SDGsの企業課題を解決しませんか。従来の広告メニューに留まらない多彩な協賛メニューをご用意しております。ぜひダウンロードしてご覧ください。

講談社が提供する各種プロモーションサービスのご利用に関するお問い合わせ・ご相談はこちら