2019.04.15

FRaUが未来のSDGs的"まちづくり"に参画 「未来の恵比寿」をWEB上で展開する「FRaU×EBISU UPDATE PROJECT」

SDGs特集で、企業の注目を集める講談社「FRaU」が、今度は東京・恵比寿の「まちづくり」に取り組みます。WEBプラットフォーム事業を開始するサッポロ不動産開発(株)とのコラボによる"デジタルまちづくり"です。価値観が多様化し、大きく変革するユーザーニーズに応える新しいアプローチとして、WEB上に「未来の恵比寿」としての情報を提供していきます。

「FRaU×EBISU UPDATE PROJECT」WEBサイトはこちら
イベントページ(ページ下部に特別クーポンあり)はこちら

3月22日にサービスを開始した「EBISU UPDATE PROJECT」は、サッポロ不動産開発(株)が提案する新しい「デジタルまちづくり」プロジェクトです。

EBISU UPDATE PROJECTのメインビジュアル

現在の恵比寿が持つ「上質な」「洗練された」といった世界観やライフスタイルのイメージを基点に、"SDGs(持続可能な開発目標)"をはじめとする未来への潮流を取り入れたまちを、「未来の恵比寿」としてWEB上で展開。恵比寿のまちを「社会や地球へ意識を向けた生き方を、肩の力を抜いて心地よく生活に取り入れる大人のまち」へとアップデートしていくことで、地域社会の健全な発展に貢献していくとともに、恵比寿のまちの更なる価値向上に取り組んでいきます。

多様性がもとめられる現代社会において、「リアルな空間と同様に、デジタル空間においても、豊かな時間と空間を提供していきたい」と考えたクライアントが、講談社のFRaU編集部に相談をもちかけたことがきっかけとなり、このWEBプラットフォームへのコンテンツ提供やイベントプロデュースを、FRaU編集部が行うことになりました。

キーワードは「ソーシャルウェルネス」(「ソーシャル(社会的)」と「ウェルネス(健康観)」を組み合わせた造語)。物理的なモノやステータスによってのみでなく、社会的な健全さや貢献によっても充足される未来の豊かさを体感できるモノやコトを発信していこうという思いが込められています。「ソーシャルウェルネス ──私の"気持ちいい"が、社会や地球のためになるマチへ──」というコンセプトを掲げ、WEBとリアルの双方において、人々が集い出会う場を提供していきます。

FRaUは30代都市型女性をメインとしたワンテーママガジンですが、これまでに「紙媒体」という枠組みを超え、雑誌以外でも幅広い「編集」を手がけてきました。流行の発信からモデルルームづくり、イベントプロデュースなど、その取り組みは、多岐にわたっています。

女性向けマラソン大会の企画参画では、「健康的でおしゃれなスポーツ」というイメージを定着させ、「美ジョガー」という言葉も生み出すなど、女子ランブームのけん引に一役買いました。

また、国内の女性誌で初めてまるごと1冊SDGsをテーマに扱った号(2018年12月20日刊行の「SDGs号」)は大変大きな注目を集め、SDGsへの取り組み方についての相談や、講演依頼、企画提案など、これまでの「メディアとクライアント」を超えた新しい関係性を生み出しています。

スペシャル講座の詳細(ページ下部に特別クーポンあり)はこちら

「FRaU×EBISU UPDATE PROJECT」の第1弾では、オンライン上で
① ソーシャルウェルネスについて学んだり体感したりできる機会を提供するカレッジ事業(オンライン講座販売)
② ソーシャルウェルネスな商品を紹介、販売するマーケット事業(キュレーションサイト)
の2つのプログラムを展開しながら、リアルなイベントも開催していきます。

リアルイベントの第1弾として行われるのが、5月19日(日)、恵比寿ガーデンプレイス内で開催されるスペシャル講座です(開催概要はページ下部参照。特別クーポンもあります)。トークセッションとワークショップという2部構成で、"ソーシャルウェルネス"な暮らしを身近に取り組むヒントを体感できるプログラムになっています。

末吉里花さん(左)、高山都さん(右)

第1部は、一般社団法人エシカル協会代表理事の末吉里花さん、モデルの高山都さんの2人による「エシカル消費」をテーマにしたトークセッションです。
「エシカル」は英語で「倫理的な」という意味。法律の縛りはないけれども多くの人が正しいと思うこと、または本来人間が持つ良心から発生した社会的規範という意味から派生して、今では、人や社会、地球環境、地域に配慮した考え方や行動のことをさすようになりました。特に「エシカル消費(倫理的消費)」という概念は、学生も、企業の経営者も、サラリーマンも、主婦も、どんな人も消費者であるという点から、最近日本でも注目され始めています。
パネリストの2人が実際に「買ったもの」や「食べたもの」「やったこと」の話を聞きながら、地球や環境のことを考えてモノを選ぶ視点をひもといていきます。

第2部は、実際に、社会や環境のための活動に取り組んでいる講師たちによるワークショップやセミナーです。
ソーシャルウェルネスを身近に感じられる実践的なワークショップは、間伐材を使ったフラワーアレンジメント"森のケーキ"開発物語、100%天然鉱物「クレイ」を使ったスキンケアやセラピーなど、5つの異なるテーマの中から自分の興味や関心のあるコースを選べます。

このイベントは300人限定のプログラムとなっており、参加には事前にチケット購入(有料)が必要です。

C-Station限定のクーポンをご用意いたしました。ぜひともご参加ください。

【開催概要】
会場:ザ・ガーデンルーム (1部) 、SPACE6(2部)
東京都渋谷区恵比寿4-20 恵比寿ガーデンプレイス内
開催日時:2019年5月19日(日)
開場:13時30分/開演:14時(第一部)、15時50分(第二部)/終演:17時
予定人数:300人
料金: 通常4,860円(税込)⇒3,000円(税込)にてご参加いただけます。
※1,860円引きのクーポンのご用意となります。
 購入画面にてクーポンコード【5eygjv】の入力をお願いします。

「FRaU x EBISU UPDATE PROJECTスペシャル講座」チケット購入はこちら

※イベントの内容については予定であり、変更になる可能性がございます。
※お申込は株式会社趣味なびが運営するwebページに移動いたします。
お申込やお支払いに関しては趣味なびの利用規約に準じます。
※イベント料金の支払いはクレジットカードのみとなります。
※申込みはおひとり様1名分のみとなります。(複数名申込不可)
※恐れ入りますが、限定価格でのご案内の席数に限りがございますので、ご希望の際はお早めにお申し込みをお願いいたします。満席の場合は、お申込できない場合もございますのであらかじめご了解ください。
※領収書をご希望の方は、その旨お問い合せフォームよりご連絡ください。イベント当日、受付にてお渡しさせていただきます。

このように、ファッションやビューティーに限らず、広くライフスタイル全般に関わる女性コンテンツを「編集」しているFRaUは、まちづくりやトレンド発信にも強みを発揮します。"創刊 27 年のブランド力を持つ、女性コンテンツのプロフェッショナル"として、既存の雑誌枠にとらわれないメディア展開を目指すFRaU。ご興味のある方は、ぜひお気軽にご相談ください。

講談社が提供する各種プロモーションサービスのご利用に関するお問い合わせ・ご相談はこちら