講談社編集スタッフによるカスタムブックの制作

紙メディアのプロである出版社は、雑誌のブランド力や企画編集力を活用して、広報誌や機内誌など、さまざまな制作をサポートしています。ライフスタイル提案、お出かけスポット案内、商品イメージ作りなど、あらゆるテーマで読者の共感を生むツールをつくります。

編集者視点のトータルプロデュースで、価値の高い成果物を

「小冊子の編集を普通のデザイン会社に依頼したのだが、なかなか満足できるものができなかった......」こんな経験はありませんか?
広報誌、機内誌、会員誌、PR誌など......さまざまなカスタムブックや小冊子を大手出版社が手がけていることを、ご存知でしょうか。
出版社は、雑誌や書籍づくりで積み上げてきた「企画編集力」を外部に提供し、あらゆるジャンルの紙メディア制作をサポートしています。読み手から信頼され、共感される誌面作りは、まさにお手の物。出版社ならではの取材力、キャスティング力、文章力、写真やイラストなどのビジュアル表現力を駆使することで、高いレベルの冊子を数多く作り上げています。

冊子の編集は簡単そうに見えて、非常に奥の深い仕事です。ターゲットに響くプランニングからはじまり、モデルやタレント、著名人の取材交渉。撮影、執筆、デザインなど熟練したスタッフによる制作工程。しかし何より重要なのが、これらを「編集者視点」でトータルプロデュースすることです。
編集者は伝えたい情報を読み手にとって興味深く、わかりやすく楽しめるものとしてクリエイトしていきます。その結果、読み手から歓迎され、共感されるメディアとして、価値の高い成果物に仕上がるのです。

また出版社ならではの手法として、メディアとのコラボを明示したかたちでのカスタムブック制作があります。
航空会社の機内誌を、旅情報に定評のある講談社の女性ライフスタイル誌"FRaU"がプロデュースしたトピックスは、業界で大きな話題を呼びました。ハイクオリティマガジンならではの洗練されたビジュアルや、雑誌編集部の人脈を生かしたキャスティングなど、出版社とのコラボレーションが大きな成果を生んだ好例となっています。

このようにライフスタイル誌とのコラボで車内誌や観光情報誌を制作したり、ファッション誌やコスメマガジンと組んで新商品を紹介するなど、さまざまな展開が可能です。雑誌タイアップ広告を再編集し、小冊子として二次利用するという手法もあります。

話題を呼んだ"空飛ぶFRaU"「SKY FRaU on MARK!」

ハイレベルな企画編集やメディアのブランド力で、企業イメージやブランド価値も高まる

カスタムブックや小冊子を大手出版社と組んで制作する場合、ハイレベルな企画編集力を利用できるだけではなく、時にはメディアのブランドによって企業やブランドの価値を高めることができます。
ハイクオリティな印刷メディアは、掲載される商品やサービスの質感も向上させ、ブランディングにも大きく寄与してくれるでしょう。 また、読者から熱く支持される雑誌とのコラボは、ターゲット層への認知拡大や信頼感の向上をもたらしてくれます。雑誌専属モデルや編集長、カリスマ的な人気のクリエイターたちを起用すれば、その効果はさらに絶大なものとなるはずです。

<費用イメージ>

実際にカスタムブックや小冊子を出版社に委託する場合には、ターゲット層にとって面白くて役に立つ内容の企画立案と、読者から共感を得られるクリエイティブの表現力の高さがポイントになってきます。そのため、ターゲット層とマッチングする雑誌を指標として企画やクリエイティブを練っていきます。
費用については、企画・展開内容、媒体とのコラボの有無など、多くの要素によって決まるため、一定の費用イメージの提示ではなく、ご要望や予算に合わせたご提案になります。


「手にとってもらえる小冊子を作りたい」「雑誌のように読みごたえがあり、魅力的なデザインの成果物を目指したい」そんなご要望のあるみなさまは、プロ中のプロである出版社に、ぜひご相談ください。 実際にどうすればよいか、契約や費用についてなど詳しく知りたいかたは、C-stationまでお気軽にお問い合わせください。

サービスのご利用に関するお問い合わせ・ご相談はこちら

サービス案内など各種資料をダウンロードしたい方はこちら