企業のSDGsへの取り組み支援・事業共創

地球上のさまざまな課題や問題を解決して持続的発展をめざすために、国連で採択された17のSDGsゴール。
いま、企業の成長のためにも、このゴールに向けた取り組みを推進することが世界的な流れとなっています。
講談社も「出版社として自分たちに何ができるのか?」、そして「企業や読者などのパートナーとともに何ができるのか?」を考え、独自の取り組みを推進しています。

SDGsとは、そしてその課題は

2015年9月に国連サミットで採択された「持続可能な開発目標」の英語表記の略です。この目標は、世の中で起きている貧困や飢餓、テロや紛争、社会的格差、気候変動など、様々な問題を背景に、このままでは地球がもたないという強い危機感の中から誕生しました。
掲げられた17のゴールは、2030年までに達成を目指そうとする、地球からの世界共通のポジティブな宿題といえます。

このゴールは国連加盟193か国すべてが合意しているものですが、目標に対して規則や罰則はなく、あくまで「努力目標」となっています。
このことは国や企業、自治体が自由な発想でSDGsに取り組めるのはもちろん、個人でもできることがたくさんあることを示しています。
地球に住む一員として、組織であれ個人であれ「自分ごと」として捉え、目の前にある生活を見直すなど、変えていく取り組みが必要ですが、一方で、この「 SDGs 」を、まだ日本人の約6人に1人しか知らないという現状があります。


企業が戦略的にSDGsに取り組むべき理由

なぜ企業が戦略的にSDGsに取り組むべきなのか。そのひとつの回答が、SDGsの活動を通じて得られる「さまざまなステークホルダーからの評価と影響」の中にあります。
ステークホルダーは顧客、取引先、株主、社員とその家族などさまざまですが、SDGsの取り組みによって得られる信頼感や共感は、企業とステークホルダーの関係性をよりよいものに変えてゆく可能性を持っています。

企業のSDGsの取り組みがステークホルダーに及ぼす影響


SDGsにおいて講談社が果たす役割

講談社は、情報を伝える使命と広告などで企業と読者をつなぐ力を持つ出版社として、以下のような役割を果たすべく取り組みを進めています。

●SDGsへの認知と関心をつくる

メディアの編集力で難しい課題をわかりやすいストーリーに置き換え、SDGs対する認知と関心を醸成します。

●SDGsに関する実体験の場をつくる

読者にSDGsへの取り組みを実体験してもらう機会を提供します。

●読者や企業との共創により、関連事業などの機会を生み出す

読者や企業に働きかけ、共創によってにSDGsへの取り組みを事業化する機会をつくります。


「FRaU」による取り組み内容

講談社は、SDGsに関する認知が10%に満たない低さを示している国内の女性層に着目し、まず女性向けワンテーマ・メディア「FRaU」を中心に活動しています。
1991年以来、長きにわたって女性へのさまざまなテーマを訴求してきたFRaUは、その実績と信頼をベースに、SDGsと社会をつなぐ橋渡し役となり、課題解決にアプローチしていきます。
「FRaU」が果たす役割と取り組みは以下のとおりです。

FRaUはこのような取り組みによって、企業や個人が自ら社会に働きかけるムーブメントを生み出し、SDGsの拡がりと活動の促進に貢献します。今後の活動に、ぜひご期待ください。

またFRaUが現在行っている具体的な活動やプロジェクトなど、詳細について知りたい方は、SDGsに関する詳しい資料をダウンロードしていただくか、C-stationのフォームからお問い合わせください。

SDGsに関する詳しい資料ダウンロードはこちらから»

お問い合わせはこちらから»



サービスのご利用に関するお問い合わせ・ご相談はこちら

サービス案内など各種資料をダウンロードしたい方はこちら