2021.12.10

ヤンキーマンガのカリスマとして人気を誇る柳内大樹が想いを込めて放つ、渾身の熱き青春マンガ『軍艦少年』がついに実写映画化!

親子の喪失と再生を描く魂の物語。熱き青春マンガが豪華キャスト陣で実写映画化! 世界文化遺産登録後初となる映画撮影敢行となった作品の魅力と込められたメッセージ。

©2021『軍艦少年』製作委員会 ©柳内大樹/講談社
映画公式サイト

『ギャングキング』『セブン☆スター』などを執筆し、ヤンキーマンガのカリスマとして人気を誇る柳内大樹が想いを込めて放つ、渾身の熱き青春マンガ『軍艦少年』がついに実写映画化!

気の荒い主人公・坂本海星役を演じたのは、「HiGH&LOW THE MOVIE」「いのちスケッチ」などに出演し、劇団EXILEのメンバーとして注目を集める佐藤寛太。失意に沈む主人公の父・坂本玄海役を演じたのは、「BROTHER」「キングダム」などに出演し、国内外でバイプレイヤーとして精力的に活動する加藤雅也。

また、海星の同級生・結役に「樹海村」の山口まゆ、海星の友人・純役に「ハニ ーレモンソーダ」の濱田龍臣、玄海の幼馴染・野母崎巌役に「どついたるねん」の赤井英和、海星の教師で玄海の同級生・泉役に「うなぎ」の清水美沙、海星の母で玄海の妻・坂本小百合役に「HERO」の大塚寧々など、フレッシュな若手俳優とベテランの実力派俳優が脇を固めている。監督を務めたのは、「おっさんずラブ」「あのときキスしておけば」などのYuki Saito。そして、「10-FEET」でボーカル/ギターとして作詞作曲も担当する卓真が主題歌を手掛けており、ソロ名義初となる楽曲を書き下ろしている。

さらに、映像作品のロケーションとして脚光を浴びる軍艦島が舞台となっており、世界文化遺産登録後初となる映画撮影を敢行している。

心の拠所とは、魂の救済とは、自身の幸福とは何か。大切な家族を失った親子が生きる意味を見出していく、喪失と再生を描く珠玉の物語がここに誕生した!

『軍艦少年』予告映像 配給:ハピネットファントム・スタジオ
【出演】
佐藤寛太 加藤雅也
山口まゆ 濱田龍臣 / 柾木玲弥 一ノ瀬ワタル 花沢将人 髙橋里恩 武田一馬 / 赤井英和 清水美沙 / 大塚寧々
【監督】Yuki Saito 【脚本】眞武泰徳 【原作】柳内大樹『軍艦少年』(講談社「ヤンマガKC」刊)

予告では、海に浮かぶ要塞のような長崎・軍艦島から始まり、母を失い喧嘩に明け暮れる息子・坂本海星が妻を失い酒に溺れる父・玄海の胸ぐらを掴んで壁際まで押し込み、「ここからも逃げんのかよ!」と怒りを滲ませた険しい表情で拳を突き出すシーンに続いていく。やがて、玄海と母・坂本小百合が生まれ育った軍艦島に小百合が置いてきた大切な物がある事を聞かされる海星。一方、自分を見失いもがき苦しむ海星と自堕落な生活を送り続ける玄海に対し、海星の同級生・結や友人・純、玄海の幼馴染・野母崎巌や同級生・泉などが厳しくも優しい態度で二人を励ましていく。

「これは俺と小百合の問題なんだよ!」「じゃあオレは、なんなんだよ!」とぶつかり合う親子の姿が、佐藤と加藤の鬼気迫る魂の熱演で綴られている。

そして、卓真が書き下ろした主題歌「軍艦少年」が流れる中、"喪失と再生を描く魂の物語"というナレーションと共に、哀しい過去から立ち上がる二人が写し出され、"逃げたくない、自分の心から"というテロップと共に、明るい未来を見つめる海星で締め括られ、柳内大樹が原作に込めた想いが詰まった、期待の高まる予告に仕上がっている。


新装版 軍艦少年 著:柳内 大樹