2020.04.13

『転スラ』原作者・伏瀬先生自身による原案・監修の"サイドストーリー。"話題の第2巻も刺激的展開!

魔国連邦「災厄の日」を3人の魔物少女たちによる視点で描く ! 
昨年12月にコミックス1巻が刊行されて話題になった、『転生したらスライムだった件』の原作者・伏瀬先生自身による原案・監修の公式サイドストーリーの第2巻が早くも発売!

一般的なスピンオフではなく「サイドストーリー」と謳っているのは、この作品が『転スラ』本編ストーリーの流れを3人の魔物少女たちによる別の視点で描くことで本編を「補完」する位置づけになっているためです。

魔王カリオンを戴く獣王国ユーラザニアから来た獣人族(ライカンスロープ)のフォス、魔王ミリムを崇める竜の都から来た「竜を祀る民」にして龍人族のステラ、魔王フレイが支配する天翼国フルブロジアから来た有翼族(ハーピィ)のネム──出身も種族も異なる3人の少女たちが、スライムのリムルが作った魔国連邦(テンペスト)で出会い、やがてリムルの仲間たちのもとで行動を共にしていきます。

彼女たちはそれぞれの主である魔王や神官長から、ジュラの大森林に突如誕生した新興国、魔国連邦の発展の秘密を探るという密命を帯びていますが、魔国連邦での日々は主命を忘れそうになるほど楽しく驚きに満ちたものでした。しかし、そんな毎日がお祭り騒ぎのような日常にも終わりの影が忍び寄ってきます。この2巻では、いよいよ本編ストーリーと本格的に合流し、周辺諸国・諸勢力の陰謀の焦点となる魔国連邦の災厄の日を、リムルたち本編の主要キャラとは別の角度で描く、ファン必見の内容となっています。

転生したらスライムだった件 異聞 ~魔国暮らしのトリニティ~(2)
原作:伏瀬 漫画:戸野タエ キャラクター原案:みっつばー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※弊社広報誌「News Clip」Vol.318よりの転載です。月刊少年シリウス編集チームの担当がまとめました。