2020.04.02

シリーズ累計1800万部突破! 「転スラ」最新刊はファン必携のOADも見逃せない

これまで順風満帆だったスライム生活に暗い影
主人公・リムルが激昂して......

転生したらスライムだった件(14)
原作:伏瀬 漫画:川上泰樹 キャラクター原案:みっつばー


TVアニメ化以降まさに老若男女に親しまれる作品に育った「転スラ」。「なろう」作品ということもあり対象読者は成人男性だと思っていたのですが、昨年行われた展示会では小学生の女の子の入場者もチラホラ見えて驚いたものです。

そんな幅広い読者に支持された理由の一つは、異世界の殺伐とした世界観の中に流れるどこか平和で和気藹々とした雰囲気ではないでしょうか。そしてその雰囲気を支えるのは、敵対した者すら包み込み仲間にしていくという主人公・リムルの人柄なのでしょう。

ところが、最新刊ではこれまで順風満帆だったスライム生活に初めて暗い影が落ちます。仲間を傷つけられて、激昂したリムルの取る行動とは......⁉

2度目の人生(スライム生?)だからとどこか楽観的だったリムルが、それではいけないと気づき覚醒する転機の章であり、原作小説でも一際人気の高いエピソードとなっています。新たな一面を見せるストーリーに、作品としてもう一化けするのでは......という期待をせずにはいられません。

また、限定版付属のOADに収録されるのは原作・伏瀬先生が原案を書き下ろした、TVアニメ第1期と第2期をつなぐOAD3部作の第1話。ほのぼのストーリーと思いきや、しっかりカタルシスのある展開に至る緩急の付け方はさすがの一言。ファン必携です。

原作小説やスピンオフ漫画も同時発売で、秋放送のTVアニメ第2期に向け、「転スラ」シリーズの盛り上がりは止まりません!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※弊社広報誌「News Clip」Vol.318よりの転載です。月刊少年シリウス編集チームの担当がまとめました。