2019.12.26

主演・尾上松也、最新ドラマが早くも話題沸騰! 「課長バカ一代」

常識外れな「バカ」! その肩書は、「課長補佐代理心得」
【ドラマ】2020年1月12日(日)よる7時 BS12 トゥエルビにてドラマ放送開始!
【配信】2020年1月4日(土)より、ひかりTV・dTVチャンネルにて順次配信開始!

Ⓒ野中英次/講談社Ⓒ「課長バカ一代」製作委員会

漫画雑誌「ミスターマガジン」(講談社刊)に1996年から2000年まで連載された、野中英次によるギャグ漫画『課長バカ一代』(講談社刊)が、まさかの実写ドラマ化。
本ドラマは、家電メーカー「松芝電機」の社員で、「課長補佐代理心得」というよく分からない肩書きを持つ主人公「八神和彦」とその部下たちが、大して内容の無いバカな話を真面目に語り合ったりする複数のエピソードで構成されています。上司から任命される課題に、毎回のようにバカをさく裂させながら"真面目"に仕事と向き合う(?)八神。バカはバカなりに悩み、一生懸命なのですが・・・。一方八神の部下たちは、そんな八神の暴走を止められず、何故か一緒になってバカな行動に!数々の事件(?)は、会議室ではなく、現場の"バカ"が引き起こしていた!!
主人公・八神和彦を演じるのは、歌舞伎界のホープ、二代目尾上松也。5歳で初舞台を踏み、数々の賞を受賞するなど若手実力派として知られる尾上松也が、その端正な顔立ちを存分に崩し、顔アクションが話題になるほどの熱演を見せていることにも注目です!


Ⓒ野中英次/講談社Ⓒ「課長バカ一代」製作委員会


【物語】
この物語は、老舗家電メーカー・松芝電機のビジネスマンたちのビジネスと、ビジネス以外の物語である!商品開発企画課の係長、33歳、八神和彦。ある日上司に呼ばれ、いきなりの昇進。任命された肩書は、「課長補佐代理心得」。微妙な肩書に困惑しながらも、仕事に励む(?)八神。果たして、昇進を果たした八神に、これからどんな試練が待ち受けているのか?!
全10話+スピンオフ1話で繰り広げられる、コメディドラマ「課長バカ一代」。これはもう、"真面目"に見て、爆笑するしかない!!


出演:尾上松也 / 木村了、永尾まりや、板橋駿谷 / 武野功雄、坂東彦三郎 / 市川左團次
原作:野中英次『課長バカ一代』(講談社刊)
監督:守屋健太郎/村上大樹/近藤啓介
脚本:村上大樹/近藤啓介
スピンオフ監督・脚本:池浦さだ夢
音楽:牧戸太郎
制作:株式会社TBSグロウディア
制作プロダクション:株式会社ネクスト/the ROOM株式会社
制作協力:株式会社松竹エンタテインメント/株式会社ジャパンコンテンツファクトリープロダクション/調布市/調布市文化・コミュニティ振興財団
©野中英次/講談社©「課長バカ一代」製作委員会

公式サイト:www.twellv.co.jp/katyobakaichidai / 公式Twitter:@kachoubaka_d





  
原作:野中英次『課長バカ一代』