2019.11.13

モンスターペイシェント、院内暴力......「院内警察隊」巡査が事件を解決していく新感覚ドラマ『H╱P ホスピタルポリスの勤務日誌』

ドラマ化もされた人気法医学ミステリー『屍活師 女王の法医学』の杜野亜希さんが新たに描くのは、警察in病院の新感覚ドラマです。

主人公の恋河内環巡査が、ある大学病院に試験的に導入された「院内警察隊」に配属されるところから物語はスタートします。院内暴力や児童虐待、薬物疑惑のある政治家の偽装入院......など、病院内で起こる様々な事件を、環たち院内警察隊が解決してゆきます。

悪い人だろうと良い人だろうと、目の前の患者を治療するのが医師の仕事。では、両者がぶつかったとき、院内警察隊が果たすべき役割とは。迷いながら成長する環の姿も見どころです。

本作の舞台は『屍活師』から10年後という設定。同作のキャラクターも登場します。『屍活師』を知っている方もそうでない方も楽しんでいただければと思います。

H╱P ホスピタルポリスの勤務日誌(1)
杜野亜希 著
発売日:2019年11月13日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※弊社広報誌「News Clip」Vol.314よりの転載です。BE・LOVE編集チームの担当がまとめました。