彼岸島(1)

彼岸島(1)
著者
  • 松本 光司
掲載誌
  • ヤングマガジン
映像化
ジャンル

内容紹介

鮮血のサスペンスホラー!!
人をさらい、生き血を吸う村人が住む島。そこから生きて還ってきた者は誰もいない───。
明の兄も2年前に連れ去られ、現在その島で一人、身を隠し生活している。そして明本人にもついに魔の手が忍び寄る。
謎の美女が現れ、悪魔の物語が始まった───。


あんたの血の匂いがうまそうなんだよ吸血鬼が棲む孤島、彼岸島(ひがんじま)――。踏み入れたら最期、再び生きて還ることはない……。艶(なま)めかしい美女がその地へと妖しく誘い寄せる。そして……忌まわしき悪夢の幕が上がった――!!吸血鬼サバイバルホラー

著者紹介

  • 松本 光司1974年6月4日生まれ。デビュー作は第39回ちばてつや賞<ヤング部門>大賞を受賞した『彼女は笑う』。代表作に『サオリ』、『クーデタークラブ』などがある。

登場人物紹介

  • 宮本 明

    失踪した兄を捜すため彼岸島へやってきた。島で才能が開花し、歴戦の猛者へと成長していく

  • 宮本 篤

    婚約者を亡き者にされ、吸血鬼の首領に復讐を誓う明の兄。彼岸島最強のバンパイアハンター

  • 斉藤 ケン

    明の幼なじみで共に彼岸島に上陸した仲間。男気にあふれ、命懸けでみんなを守る

  • 師匠

    彼岸島で生き残った島民を集め、抵抗組織を作った指導者。明に吸血鬼と戦う術を教える

  • 青山 冷

    明を彼岸島に誘う妖しい美女。首筋には2つの歯形の痕があり、その正体は不明

  • 封印されていた祠から蘇り、彼岸島を吸血鬼の島に変えた張本人。人類に仇をなす、最大最強の敵

トピックス

※ 映画化、ドラマ化

作品情報

製品名彼岸島(1)
著者名
  • 松本 光司
発売日2003年04月02日
初出『ヤングマガジン』’02年第49号~第52号、’03年第1号、第2・3合併号