青のミブロ(4)

青のミブロ(4)
著者
  • 安田 剛士
掲載誌
  • 週刊 少年マガジン
ジャンル

内容紹介

1863年、京都。素直で優しく家族思い、けれど、その心奥で正義を燃やす少年「にお」。嫌われ者の浪士集団・壬生浪(ミブロ)の土方歳三、沖田総司と出会ったことをきっかけに、少年の激動の青い春が幕を開ける。「にお」と、強く勇ましく命を燃やす男たちは、青き志を胸に”誠の道”を行く!『DAYS』の安田剛士が描く最も青く最も熱い「新選組」!現代を本気で生きる”キミ”に贈る青春活劇ッ!!

「たくさんの人に会い、たくさん学びや、それが人間や」。揃いの羽織を作ることにしたミブロ。その紋様と柄をにおの婆ちゃんにお願いするため、にお、はじめ、太郎の三人はちりぬ屋へ。久しぶりに会った婆ちゃんから、強さの在り方を感じ取るにお。そして、ちりぬ屋を訪れた謎の少年との出会いをきっかけに、ミブロの新たな戦いの幕が上がるーー!

著者紹介

  • 安田 剛士

登場人物紹介

  • ちりぬ にお

    団子屋に引き取られた孤児。しかし土方と沖田に出会ったことで、彼らがいる剣客集団「壬生浪士組」へ入り、世界を変えることを志す

  • 土方 歳三

    「壬生浪士組」の一員。におの観察力などを買い、壬生浪(みぶろ)へ勧誘した人物。硬派で、におが信頼を置いている

  • 沖田 総司

    「壬生浪士組」の一員。明るくお調子者だが、土方と同じくらい剣術に長けている

  • 近藤 勇

    「壬生浪士組」の一員。世の中をよくしたいと行動する熱い人間で、懐も大きい。におが仲間になったことを歓迎する

  • 田中 太郎

    におと同い年。芹沢が拾ってきた人物で、京で最初に「壬生浪士組」の仲間になった。壬生浪では奴隷のような扱いを受けている

  • 斎藤 はじめ

    京で2番目に「壬生浪士組」に加わった少年。剣術がからっきしのにおを認めていなかったが、その行動や鍛錬に打ち込む姿に、徐々に見方が変わってくる

  • 芹沢 鴨

    「壬生浪士組」の一員。同じ浪士組の仲間を斬り、粛清を行っている

  • 松平 容保

    会津藩藩主。帝と将軍の命により、京都の治安を守る京都守護職として会津から馳せ参じた。裏表のない性格で、ストレートな性格の「壬生浪士組」を気に入る

  • 徳川 家茂

    将軍。京都の町にいたところ命を狙われ、「壬生浪士組」に助けられる。本当は将軍になりたくなかった。におには幼名の菊千代と呼ばせている

作品情報

製品名青のミブロ(4)
著者名
  • 安田 剛士
発売日2022年08月17日