箱庭の主と最期の魔女(4)

箱庭の主と最期の魔女(4)
著者
  • うさ沢 妹子
掲載誌
  • パルシィ

内容紹介

家族に愛されなかった孤独な女子高生は、愛される来世を希望して、小さな村に転生した。
青い目と金色の髪を持つ少女・シャオは、母に愛されて、幸せを感じるが、その小さな村を不幸が襲う……。青い目と金色の髪は、この国では”魔女”の印、過去の事件から”魔女”は、怖がられ迫害される存在だった。逃げ出した先で出会ったのは、謎めいた画家の男・シン。彼は、この国の王子という生い立ちながら、彼女と同じ孤独を抱えていた。気持ちを通わせる二人だが、シンは母を助けるため、王城へ戻っていき、二人は会えないまま、3年の時が過ぎる――。

遠く離れた土地で隠れて生きるシャオのところに、王城でのお茶会の招待状が届く。果たして、これはシンに会えるチャンスか、罠なのか。迫害される゛魔女”と王子の恋の行方は――?
転生した魔女×孤独な王子の、歪で純な恋物語。完結の第4巻!

著者紹介

  • うさ沢 妹子10年間にわたる初恋をエモーショナルに描いた「ボクとわたしの10年恋」でデビュー。長崎県出身。

作品情報

製品名箱庭の主と最期の魔女(4)
著者名
  • うさ沢 妹子
発売日2022年06月13日