アルキメデスの大戦(28)

アルキメデスの大戦(28)
著者
  • 三田 紀房
掲載誌
  • ヤングマガジン
映像化
ジャンル

内容紹介

米国に売却するはずだった横浜の「大和」の廃艦が決まり、櫂は日米開戦を覚悟。短期決戦・早期講和の道を模索することに舵を切る。早速、真珠湾攻撃後、戦艦を輸送船代わりにして12万人の陸軍上陸部隊をオアフ島へ送り、ハワイを占領するという計画を考案。大本営政府連絡懇談会に出席し、陸軍の協力を要請することとなった。

そしてついに真の「大和」が表舞台に姿を現す第28巻!!

著者紹介

  • 三田 紀房1958年生まれ、岩手県北上市出身。明治大学政治経済学部卒業。
    代表作に『ドラゴン桜』『インベスターZ』『エンゼルバンク』『クロカン』『砂の栄冠』など。
    『ドラゴン桜』で2005年第29回講談社漫画賞、平成17年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。
    現在、「モーニング」にて『ドラゴン桜2』を連載中。

登場人物紹介

  • 櫂 直

    海軍省経理局特別会計監査課課長、主計大佐。東京帝国大学・数学科を中退した後、山本五十六に請われ、戦艦「大和」の建造を阻止すべく海軍へ。戦争回避の為に「大和」の建造を決意

  • 山本 五十六

    連合艦隊司令官、海軍中将。次世代の海戦に巨大戦艦は不要とし、航空兵力の拡充と航空母艦の建造を唱える。櫂のことを重用している

  • 黒沼 亀人

    連合艦隊先任参謀、海軍大佐。「長門」の変人。山本に依頼され、櫂の発案を基に真珠湾奇襲計画「暁作戦」を作成した

  • 嶋田 繁太郎

    呉鎮守府司令長官、海軍中将。日米和平協議報告会議で「大和売却」の項目で賛成に回った。呉で平山に命じて秘密裏に「大和」を造らせている

  • 東條 英機

    陸軍大臣、陸軍中将。永田鉄山の暗殺を契機に中国の武力支配を誓う。自ら陣頭指揮を執り1万の兵団を率いて察哈爾省へ侵攻した

  • 桑野 肇

    艦政本部、海軍中佐。帝大出身の戦艦の設計師。櫂も認める鋭い感性を持つ

  • 尾崎 留吉

    尾崎財閥の総帥で鏡子の父。一代で財閥を築き上げ、各界に強い影響力を持っていたが、「大和」の鋼材偽装事件の心労で倒れ、そのまま死去

  • 尾崎 鏡子

    尾崎造船の社長令嬢。銀行頭取の息子・春彦と結婚し、長男を出産

  • 渡辺 春彦

    興洋銀行副頭取。裏金工作の罪を中川一人に押し付けた

  • 中川 泰造

    尾崎造船の常務だったが、春彦の裏金工作に協力。罪を被り逮捕された

  • 近衛 文麿

    内閣総理大臣。日米和平協議報告会議の場では櫂の能力の高さに感銘を受けた

  • 平山 忠道

    海軍技術研究所所長、造船中将。日本海軍の伝統と設計者人生の集大成として巨大戦艦「大和」の建造計画を推し進めていたが、櫂により計画は中止に追い込まれる

  • 丹原 康介

    外務省調査部第三課課長。満州国、中国の調査を担当。櫂と共に日米開戦を阻止しようと奔走する

  • 前田 大輝

    警視庁長官官房人事課課長補佐。櫂の学生時代の同級生

トピックス

作品情報

製品名アルキメデスの大戦(28)
著者名
  • 三田 紀房
発売日2022年05月06日