姫騎士は蛮族の嫁(3)

姫騎士は蛮族の嫁(3)
著者
  • コトバ ノリアキ
掲載誌
  • 別冊 少年マガジン
ジャンル

内容紹介

戦に敗れた最強の女騎士を待ち受けていたのは、敵国”蛮族王との結婚”だった!? 元敵同士の二人が紡ぐ本格異世界婚姻譚、開幕!!

「私の幸せって…何だ?」。マルシアス司祭を魔物から救い出し、一息ついたセラとヴェーオル。そこで明かされたのは、西方列聖の女騎士・ウィスタレシアが蛮族王・ヴェーオルの母であるという衝撃の事実だった! そして彼女と再会し、勧められたのは“己の幸せを探すこと”――。真っ直ぐなヴェーオルの想い。地に根ざした快い東方の心意気。変わっていく気持ちと、新たに生まれる目標。物語、そしてセラの心が大きく動く第三幕!!

著者紹介

  • コトバ ノリアキ

登場人物紹介

  • セラフィーナ・ド・ラヴィラント

    イルドレン王国の東征軍の騎士団長だったが戦いに負け、蛮族の戦利品として攫われた。拷問を受けると思いきや、蛮族の王・ヴェーオルにプロポーズされる

  • ヴェーオル

    蛮族の王。戦いぶりを見て、セラフィーナに一目惚れし、戦利品として彼女に求婚する。髭を剃るとイケメン

  • ツェツィ

    ヴェーオルの側仕え。セラフィーナの世話もする

  • カルカ・ロト

    諸部族連盟に名を連ねる森人(イクスト)の氏族長にして理術師。セラフィーナに贈られた剣に付呪した

  • ニムラハ

    諸部族連盟に名を連ねる霊樹(クフウェク)の蕾。その種子は、眠りの秘薬などになる

  • ヴュフメーク

    諸部族連盟に名を連ねる妖精(テフュー)の大長。多くの眷属を従えている

  • バルハス

    ドワーフ。諸部族連盟に名を連ねる鉱人(クィエフト)の長老である三賢老の一人。セラフィーナに贈られた剣は彼らの手によるもの

  • ナィレア

    ヴェーオルの従兄の妻。元東征騎士で、セラフィーナの部下だった。4年前に自分を倒した夫に求婚され、そのまま西に留まった

  • マルシアス

    西方諸国の国教・公暦(コモネラ)教団の情緒不安定な従軍司祭。魔物に憑かれたところをセラフィーナらに救われ、騎士としての彼女を神聖視している

  • ウィスタレシア

    ヴェーオルの母。実は20年前に西から来た女戦士で、セラフィーナの叔母でもある。西では聖女と崇められているが、実際は豪快な性格

作品情報

製品名姫騎士は蛮族の嫁(3)
著者名
  • コトバ ノリアキ
発売日2022年04月08日