つむぐと恋になるふたり(1)

つむぐと恋になるふたり(1)
著者
  • タアモ
掲載誌
  • デザート
ジャンル

内容紹介

『たいようのいえ』のタアモ、最新作!
ぼっち女子×高校生漫画家の”友達”からはじまるじれキュンLOVE!

一人は気軽で傷つかないーーー、そう思ってた。
でも、やっぱり誰かとわかりあいたい。

一人でいることが好きな女子高生の紬は、母親の決めた突然の引越しで同じ学校に通う榊亮太朗の仕事場に居候することに!!  緊張する紬だったけど、亮太朗と一緒に過ごすうちに「友達」宣言もされてしまって…!?

やさしい言葉がつむいでいく恋物語。

著者紹介

  • タアモ「ベツコミ」(小学館)などで活躍の後、2010年より講談社「デザート」にて『たいようのいえ』(講談社刊)を連載開始。同作にて第38回講談社漫画賞少女部門を受賞。代表作はほかに『地球のおわりは恋のはじまり』(講談社刊)、『初恋ロケット』、『アシさん』(小学館刊)など多数。

登場人物紹介

  • 森本 紬

    一人でいることが好きな高校1年生。突然、同じ高校に通う学生漫画家の亮太郎の家に居候することになり、他人と過ごす楽しさを感じ始める

  • 榊 亮太郎

    引っ越してきた紬と暮らすことになった、留年するほど多忙な学生漫画家。真面目で誠実な紬のことを気に入っている

  • 津田

    亮太郎のアシスタント。明るいお調子者で、紬にも気さくに接してくれる

  • 紬の母

    明るく大らか。亮太郎の母と友人で、住んでいた部屋を家がなくて困っていた友人に提供し、自分は榊に居候するなど人がいい。女手一つで紬を育てている

作品情報

製品名つむぐと恋になるふたり(1)
著者名
  • タアモ
発売日2022年03月11日
初出『デザート』2021年12月号~2022年3月号