なないろ探訪記(2)

なないろ探訪記(2)
著者
  • 日生 マユ
掲載誌
  • BE・LOVE
ジャンル

内容紹介

早くに亡くなった父の面影を追って家出した少女・カナ。何事も長続きしなかった父だったが、その存在に魅了され研究を続けていたのは、奈良の公園の池で偶然発見されたニッポンバラタナゴ(ペタキン)。父は、なぜそこまでペタキンの研究にのめりこんだのか。一度は絶滅したと思われたペタキンと、ペタキンの命を後世に渡した自然、そして自然に関わる人々。父と同じように、うまく生きることができないと思っていたカナだったが、ペタキンの保護活動を続ける大学生たち、それぞれの思いを抱いて自然に向き合う地域の人々との関わりができつつあった。小学校の学校医を描いた大ヒット作『放課後カルテ』の日生マユ、最新刊!

著者紹介

  • 日生 マユ2011年『空夢に願う』で「BE・LOVE漫画大賞」入選。同年より「BE・LOVE」で、学校医を題材にした『放課後カルテ』を連載。『放課後カルテ』は紙と電子で全16巻、発売中。

登場人物紹介

  • 樫原 カナ

    金髪女子中学生。父の死をきっかけに、自分のルーツを探す旅に出る。父が関心を抱いていたニッポンバラタナゴ(ペタキン)のおかげで浅葉たちと出会い、生物や自然への興味が湧く

  • 浅葉 レイ

    生き物を愛する日ノ郷大学水圏生態学研究室所属の3回生。生き物が好きで外来種を殺すことができない。考え方が違う神部の研究を手伝うたびに研究室を辞めたいと思ってしまう

  • 神部 明日海

    日ノ郷大学水圏生態学研究室所属の4回生。自分の研究をレイに引き継いでもらおうと思っているが、なかなか生物を殺せない浅葉とは考えが合わない

  • 檜前 澄江

    カナの父方の祖母。突然訪ねてきた彼女を最初は拒絶するが、受け入れることに

  • チズコ

    カナの父の姉。ならまちでゲストハウスを営んでいて、家出していたカナがしばらく滞在していた

  • 樫原 ミヤコ

    カナの母。自分勝手で都合が悪いことがあるとすぐに嘘をつくカナに呆れている。その性格を家族を捨てた夫と重ね合わせてイラ立つ

  • 鴻埜

    日ノ郷大学で淡水魚を専門とし、DNA分析により種の起源解明などを研究している水圏生態学研究室に所属。浅葉や神部の先生。カナの父のことを知っている

  • 小原 翔太

    澄江の家の近所で偶然カナが出会った少年。山守を継ぐつもりで修行している。カナとは同い年で、彼女に振り回される

  • ニッポンバラタナゴ

    すでに絶滅したと思われていた、様々な生物との関係性の中で生きる淡水魚。光にあたるときらきらとなないろに輝く。通称・ペタキン

作品情報

製品名なないろ探訪記(2)
著者名
  • 日生 マユ
発売日2022年04月13日