バトルスタディーズ(31)

バトルスタディーズ(31)
著者
  • なきぼくろ
掲載誌
  • モーニング
ジャンル

内容紹介

春のセンバツへと続く秋季大会を間近に控え、新チーム最初の練習試合が行われた。
相手は宮崎日難学園、1年時に寮を脱走しDLを離れた毛利率いるチーム。
逃げ出した負い目は深く、DLメンバーとの再会に怯える毛利だったが、いらぬ心配かけつけ三杯。
乗る船は違えど、夢に向かう苦労は同じ。弛まぬ鍛錬リスペクト。
旧交を温めた新チーム初の練習試合に勝利したDLだったが、それでも新主将・丸井の覚悟は決まらなかった。

いつまでたっても俯いたままの態度に、チームの雰囲気は秋の長雨、股間もジメジメ。
湿った空気を引きずったまま、秋季大会は開幕。
ライバル校をスタンドで観戦する丸井に、ボーイズ時代の後輩・雨谷が声をかけてきた。
雨谷は1年生にして強豪・花忠社で注目を集めるスラッガー。DL学園に入部予定も、昨夏の不祥事で進路を変更していた。
主将の重圧に先輩のタマが縮み上がっていることを察した後輩は、丸井の妹が兄への期待よりも心配を漏らしていたことを伝える。いつまでも同じところで膝を震わせている先輩へ、後輩からの強烈なビンタ。
だっさいだっさい補欠の主将は、ピッカピカのお兄ちゃんになれるのか――!?

そして来春DLの仲間になる新入生が初登場!
先輩たちに豪快な宣戦布告(ごあいさつ)かまして、初対面から一触即発――!!

ロングセラーにしてなお重版続々!
作者自身が高校野球を通じて得た、生きる術を熱く叫び、
野球ファンのみならず共感の嵐。
野球を愛する全ての人たちに捧げます!


著者紹介

  • なきぼくろ1985年、大阪府枚方市生まれ。PL学園高等学校硬式野球部のレギュラーとして、2003年夏の甲子園に出場。大阪美術専門学校卒業後、イラストレーターとして活動。2013年、モーニング主催の新人賞「MANGA OPEN」に投稿した『どるらんせ』が、奨励賞とebookjapan賞をダブル受賞。2015年より『バトルスタディーズ』をモーニングで週刊連載中。自らの経験をもとに「リアル」な「生きる術」を追い求めてやまない。

登場人物紹介

  • 狩野 笑太郎

    常に全国制覇を狙う超名門DL学園野球部2年。内野手兼捕手。1年のときから主将で新3年でも主将になれると思ったが、投票で主将は丸井、自分は副主将となり、やさぐれる

  • 丸井 優平

    DL学園野球部2年。遊撃手。かつて合宿所から逃走したことがあるが、甲子園への執着を捨てきれず、謝罪し復帰。ベンチ入りしたこともなかったが新3年の主将に選ばれる

  • 檜 研志

    DL学園野球部投手2年。ボーイズリーグ日本代表のエース。多数の勧誘を蹴り笑太郎とDL学園に進学したが、気の弱さが祟り伸び悩む

  • 花本 走太

    DL学園野球部2年。遊撃手。狩野とは「花ちゃん」「笑ちゃん」と呼び合う間柄。2年から打撃が低迷し、ベンチメンバーから外されるが、長野の怪我により復帰

  • 阿比留 勇気

    DL学園野球部2年。投手。檜に次いで横羽間戦で登板。好調だったが、天津の熱意に負け、降板する。甲子園終了後、新3年の副主将に

  • 都筑 雄太

    DL学園野球部2年。内野手。相手の守備を観察して攻撃を仕掛ける頭脳派。甲子園では横羽間戦にてDLが得点できるチャンスで、ある作戦に出た

  • 南 裕也

    DL学園野球部2年。三塁手。主将決めの投票で1年に丸井を推すように仕掛けた。甲子園に出場できなかったため、出場組と経験値の差が開いたことにコンプレックスを抱く

  • 天宝 大地

    DL学園野球部1年。狩野とはタメ口で話せる仲。主将に丸井が選ばれたことに納得いかない狩野へなぜ1年が丸井を求めたのか説明する

  • 毛利 阿黙夢

    かつてDL学園にいたが丸井と同じく逃走し、そのまま帰ってこなかった。現在は宮崎日難学園野球部に所属。練習試合でDL学園の面々と再会する

  • 藤巻 香

    DL学園野球部のOBで監督。在学中は三塁手。狩野達の相手を務めているうち打撃の才能が開花、プロの入団テストの受験を目指す。甲子園が終わり、後任が決まり次第監督を辞める予定

  • 天津 太郎

    DL学園野球部3年。投手。狩野を高く評価しており、かつて彼の主将就任を真っ先に賛成した。最後の夏を制するため横羽間戦へ強引に登板する

  • 楠 和也

    DL学園野球部3年。捕手。狩野も一目置いている頭脳派。プレー中に心の中でラップを歌う癖がある

  • 梶原 地球

    最強軍団・横羽間の3年で絶対的エース。動物学者の父親とともに、幼い頃からフィールドワークに出ており、笑太郎のような「珍獣」が大好き

  • 大庭 修

    横羽間の捕手で3年。ここぞというプレーを出し惜しみせず、対戦相手に徹底的にプレッシャーを与える

  • 北条 陽向

    横羽間の2年。かつて母を亡くした悲しみで非行に走ったが、更生。今では横羽間の次期キャプテンと目されるほどの選手に

  • 海部 太平洋

    横羽間2年の主砲。かつて不登校児だったが陽向から誘われ、野球をはじめた

  • 長野 孝広

    DL学園野球部3年。遊撃手。怪我により最後の夏の試合に出場できなかったことで、自分に落胆する

  • 門松 晃

    DL学園野球部2年。外野手。無表情でシュールな言動が多い。不祥事を起こした同期の口車に乗り、一時脱走を図るも、思い留まりDLに残る

  • 錦 大蔵

    DL学園野球部3年。三塁手。隅々まで行き届いた球場整備や雨天練習場で寝泊まりするほどの練習の虫で、チームメイトに「クソ真面目」と称されるが信頼も厚い

  • 烏丸 学

    DL学園野球部の元主将。在学中はDLの将来を憂い体罰に反対する等、改革路線を打ち出していた。卒業後はドラフト1位でヤクルートに入団

  • 火茶栗 麗音

    DL学園への入学が内定している野球部新入生の一人。大阪のシニアチームの出身でシニアリーグの全国大会で優勝した投手

  • 時田 虎丸

    DL学園への入学が内定している野球部新入生の一人。愛知県出身の捕手で、ボーイズリーグの日本代表選手。コテコテの愛知弁を使う

  • 寿 謙心

    DL学園へ入学が内定している野球部新入生。京都出身の外野手で、ボーイズリーグの日本代表。狩野を尊敬しつつも先輩を踏み台に全国制覇をめざす

  • 藁 丈二

    DL学園への入学が内定している野球部新入生の一人。大阪出身の内野手。ボーイズリーグ日本代表のキャプテンだった。腹の底が読めない

作品情報

製品名バトルスタディーズ(31)
著者名
  • なきぼくろ
発売日2022年03月23日
初出『モーニング』2021年45号~51号、2022年1号~4・5合併号