ひとりでしにたい(4)

ひとりでしにたい(4)
著者
  • カレー沢 薫
  • 協力ドネリー美咲
掲載誌
  • モーニング・ツー
ジャンル

内容紹介

第24回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞作品!

悠々自適の老後を過ごしていたはずの伯母がまさかの孤独死。山口鳴海(やまぐちなるみ)、35歳独身、美術館学芸員の人生は婚活から終活へと急旋回。よりよく死ぬにはよりよく生きる。最終&絶対王者を目指し、相棒のおキャット様・魯山人とともに黄泉(よみ)へと激走する物語が始まった。

職場では官庁から出向中の若きエリート、NASDAQこと那須田(ナスダ)くん独身が、迷走する鳴海になぜか興味を示す。年下の男に興味を持ってもらおうと鳴海を煽るナスダ。その結果はラブには向かわず、「墓へのツアー」をともにする終活仲間という予想外の方向へと、二人を強制連行していくことになる。

この第4巻で二人が急行するのは、鳴海の実家である山口家。置物となった父を捨てるべく、熱いHIPHOP魂を燃やす母が熟年離婚への崖を落下中だったのだ。終活の前に解決すべきは両親の絆の問題か、それとも経済問題か。
父親は「投資」に関心を示して情弱カモへの道を歩みはじめ、問題は混迷を深める。困った時のナスダが論破王も仰天の親切講義で両親の蒙を少しずつ啓いてくれるが、今度は鳴海自身の問題が置き去りに――!

現実を忘れさせない、向き合わざるを得ない、この漫画がヤバい第1位。みんなで生きればこわくない!

月刊モーニング・ツー(講談社)で始まった連載は、コミックDAYS(講談社)に媒体を移し、隔週日曜日に更新中。

講談社FRIDAYデジタル&FRaU&mi-mollet、読売新聞、朝日新聞telling.、扶桑社SPA!オンライン、産経新聞、楽天証券トウシル、LIFULL介護tayorini、神戸新聞、ねとらぼ、日刊工業新聞、クリーク&リバー社CREATIVE VILLAGEなどで、作者インタビューほか関連記事が配信されました。(2021年11月現在)

著者紹介

  • カレー沢 薫時は2009年。モーニング(講談社)主催の漫画新人賞「MANGAOPEN」に本名・無題で応募し落選した作品が、カレー沢薫『クレムリン』(ともに本人命名 講談社)に変容を遂げ、月刊モーニング・ツー(講談社)でほぼ即連載となり、漫画家デビューを果たす。ほどなくコラム『負ける技術』(講談社)も連載となり、コラムニストとしてもデビューを果たす。以来、雑誌やウェブに連載超多数、本数未詳の大車輪で体力を使い果たす。最長不倒連載作品は開始以来すでに10年を超えた東京都写真美術館広報誌別冊「ニァイズ」。なお、本作『ひとりでしにたい』はコミックDAYS(講談社)で毎月第一・第三日曜日に1話ずつ更新中。第24回(2020年度)文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞。おめでとうございます。ありがとうございます。まだまだがんばります。
  • 協力ドネリー美咲原案協力

登場人物紹介

  • 山口 鳴海

    35歳、独身。都内にある美術館の学芸員。婚活とアイドルの追っかけに余念がない。伯母の孤独死に衝撃を受け、生き方を見つめ直す

  • 光子伯母さん

    いわゆるキャリアウーマンとして大手企業で活躍。独身貴族〜悠々自適のはずが孤独死

  • 那須田

    鳴海の同僚で官庁から出向中のエリート。人生に楽しさなど不要と考えていたが、日々楽しそうにしている鳴海が気になっている。呼吸をするように正論が口から出てくる

  • 魯山人

    鳴海の愛猫。一人暮らしの希望の太陽

  • 鳴海の父親

    大手企業を定年退職後、自宅警備に従事。THE・昭和の思考の持ち主

  • 鳴海の母親

    専業主婦として子育てに明け暮れた日々を過ごしてきた。ヒップホップダンス教室に通っている

  • 松岡

    鳴海の同僚で親友で老親の介護で悩む日々を過ごす独身

  • 川上 健太郎

    鳴海の元カレで生命保険会社勤務。鳴海の保険を見直すために10年ぶりに再会。再会当初は結婚に焦った元カノが復縁を迫ると思って、おちょくろうと考えていた

作品情報

製品名ひとりでしにたい(4)
著者名
  • カレー沢 薫
  • 協力ドネリー美咲
発売日2022年02月22日
初出『コミックDAYS』2021年6月~12月