来世は他人がいい(6)

来世は他人がいい(6)
著者
  • 小西 明日翔
掲載誌
  • アフタヌーン
ジャンル

内容紹介

ついに正式に交際することになった吉乃&霧島!
しかし……「付き合う」って何をすればいいのか…? 思い悩む吉乃。
そんな中、霧島と翔真が衝突し、とうとう二人は刃物を持ち出してのケンカに発展する!
霧島と翔真、どちらのそばにいることを吉乃は選ぶのか――。さらに桐ケ谷組に事件が襲い掛かる……!
大人気テンションぶち上げ極道ラブストーリー、待望の第6巻!

著者紹介

  • 小西 明日翔2015年から「月刊コミックZERO-SUM」にて『春の呪い』を連載開始。 同作で「このマンガがすごい!2017」(オンナ編)2位を獲得した。『来世は他人がいい』は 2017年より「月刊アフタヌーン」にて連載スタート。「マンガ新聞大賞2018」大賞受賞、「次にくるマンガ大賞2018」(コミックス部門)第1位、「このマンガがすごい!2019」(オトコ編)第8位に輝く。

登場人物紹介

  • 染井 吉乃

    大阪で生まれ育ったが、霧島との婚約を機に東京で暮らすことに。ようやく彼氏として霧島と付き合うことになるが…

  • 深山 霧島

    吉乃の婚約者。眉目秀麗だが、底知れぬ不気味さを秘めた男。吉乃が彼女になってくれると言ったので喜ぶが…

  • 染井 蓮二

    染井組組長。吉乃の祖父

  • 深山 萼

    深山一家総長。霧島の祖父(厳密には実の祖父ではなく大叔父)。蓮二とは昔からの友人

  • 鳥葦 翔真

    染井組組員。中学のときに蓮二に拾われ、事実上の養子に。吉乃と家族同然に育つ。霧島のことが気に入らない

  • 周防 薊

    得体の知れない男。口に傷があるためか、常にマスクをしている。吉乃のことを探すなど、何かを企んでいる。霧島とは知り合いのようで…

  • 椿

    京都出身の吉乃の親友。とにかく翔真が嫌い

  • 秋目 日司馬

    竜舌一家総長。蓮二、萼とは旧知の仲だが、蓮二に対し何らかの陰謀を企てようとしている

  • 廣田 ひとみ

    吉乃の母。お嬢様育ちで天然で不器用。夫を亡くして体調を崩しており、そんな母にムリをさせないため吉乃が東京へ来た

作品情報

製品名来世は他人がいい(6)
著者名
  • 小西 明日翔
発売日2022年03月23日